ホーム > 強制に頼るカルト塾の洗脳教育
  • 類塾の想い・沿革
  • 最先端の潮流
  • 類グループ紹介
    類塾ネット
    類塾からの最新のお知らせ

最先端の潮流分析

強制に頼るカルト塾の洗脳教育

 子供たちの勉強離れが増え続ける中、詰め込み型の強制塾はますます強い勉強圧力を加えて生徒を追い込んでゆき、その結果、強制塾は次第にカルト集団化してきました。

 とことん成績不安を煽った上で「信ぜよ、さらば救われん」と誘導してゆく手法はカルト集団そのもの。生徒は辞めれば「地獄に落ちる(落第者の烙印を押され、罵られる)」ので、辞められません。そうなってしまった子供の洗脳を解くのは極めて困難になります。

 しかも多くの強制塾は生徒がどれだけ追い詰められようがお構いなし。悪質な塾は、生徒にトップ校を無理矢理受験させ、大量の不合格者を出して知らぬ顔を決め込んでいます。

 元来、教育は生産者を作り出すためにあります。従って、教育は常に生産と一体でした。例えば農家は一つの生産体であり、学校などなくても、健全な子供たちが育ってきました。ところが、現在のサラリーマン家庭には生産過程がありません。従って、教育を学校などに外注するしかない構造下にあります。

 しかし、どうせ外注するなら、子供の生きる意欲と追求心を再生してくれる、まともな教育機関に委ねる必要があります。

 強制塾を選ぶか、天才教室を選ぶかで、子供の才能と将来が決まります。それほど、塾選びは重要な分岐点になっています

 考えてみてください。親が子供に期待しているのは、何が起きても生き抜いてゆく力や、仲間をまとめてゆく力であって、決して目先の成績などではない筈です。

意欲と成績が急上昇
資料請求・お問合せ
ページの先頭に戻る