ホーム > 教室を探す >  日吉台教室

類塾 日吉台教室

072-698-1116

受付:14時~21時(日曜除く)

送迎バスあり 自習室完備

夏期講習生募集中
re_rightColumnBanner_blog

教室長からのメッセージ | 日吉台教室

教室外観

類塾日吉台教室は、芝谷中・高槻2中・高槻8中・高槻9中の地域を中心に多くの生徒が通塾しています。また、通塾バスもご用意していますので、夜でも安心して通塾していただけます。

2020年から学校教育が大きく変わるのはご存知でしょうか?これまでの講義型の詰め込み教育では、強制されないとやらない子供が増え、暗記脳が形成されるだけです。実際に大学入試や就職試験でも、「自分の考えに基づき、論を立てて記述する力」が重要になります。そうした解答を導ける人材を育成するために、日本の教育現場にもアクティブラーニング方式を導入することが決定されました。教師が一方的に講義するのではなく、生徒に考えさせ・自分なりの考えをまとめ・実践させる教育へと大きく変わっていきます。

そこで類塾で取り組んでいるのが、「グループ追求」の授業による活力上昇、そして暗記脳からの脱却です。

グループ追求を取り入れてから、類塾に通う子供たちは、授業や自習室で仲間と共に活力を持って、より「生き生き」取り組んでいます。仲間と一緒に「何?なんで?」を考えるからこそ、勉強という課題も楽しく主体的に取り組んでいます。

実際に生徒たちからは、
「何でも教えあえる仲間がいて勉強を楽しめる!」
「自習室で友人を見て頑張ろうと思える!」
「家ではやる気がでないので、自習室でみんなで取り組めるのがよい!」
「強制的な宿題がないので、自分のしたい(すべき)課題に取り組める!」
という声があがっています。

「目先のテストの点数のために詰め込み、暗記脳を形成させてしまうのか?」それとも、「仲間と共に活力を持って『生き生き』取り組むのか?」本当に子供の将来に必要なのはどちらか?は言うまでもありません。

保護者の皆さまからは、
「塾に行くのが楽しみと言っています!」
「子供が笑顔で帰ってきた!」
「講義型の詰め込みよりもグループ追求の方が楽しく取り組める!」
「高校に進学しても、自分から課題に取り組んでいる!」
などの声を頂いております。

今の子供たちは、強制されてもやる気は上がりません。やる気がないのに成績が上がる訳がありません。今の子供たちに必要なのは「仲間と追求する充足体験」です。ですから、「子供の意欲を上げたい」「仲間と共に課題を突破する力を身につけてほしい」「子供自身がやるべき課題を考え実現できるようになってほしい」という方は、ぜひ、類塾日吉台教室へお越しください。スタッフ一同、心よりお待ちしております。

2週間の無料体験、また保護者の方にも授業体験に参加していただけます。お気軽にお問い合わせください。

内観

「みんな追求」こそ、最も効率的な学習法。「何?何で?」と徹底追求

自習室でもグループ追求!必要な課題や時間配分を自ら考え進めます

勉強のこと、学校のこと、友達のこと、何でも相談できます

塾生の主な在籍校

【小学校】
日吉台小/奥坂小/北日吉台小/磐手小/北清水小/真上小/芥川小/安岡寺小/
五領小/清水小/川西小

【中学校】
芝谷中/高槻8中/高槻2中/高槻9中/五領中/大教大附属池田中/履正社学園豊中中

開講コース

生徒の声

  • 千里高校(総合科学)合格  田中 拓帆くん(芝谷中卒)

    私は、文系教科が大の苦手で、特に社会は「暗記教科」だと思い込んで、やっていてただ苦痛な教科だった。しかし、類塾に入って、著者への同化、歴史人物への同化を意識することで、どんどん文系教科も楽しくできるようになった。

    自分にとって最も顕著に変化が表れたのは社会だった。今まで暗記暗記で断片的になっていた知識が繋がり、歴史と地理という分野の壁を越えて理解していけることがとても楽しくなった。

    勉強において楽しいという感情は最強である。自分で「理解した!」と思えるようになるし、現実社会とも知識が繋がりやすくなる。時代による変化や政策は、歴史人物に同化することで繋がっていったりした。

    こうして、自分の苦手教科も楽しめるようになり、自然と結果にも結びついてきた。だから、自分の苦手教科も、楽しむという心構え、楽しいという感情を大切にしてほしい。

  • 茨木高校(文理)合格  辰 凪津美さん(芝谷中卒)

    1、2年生のとき、私は入試なんてまだ先の遠いものだと考えていました。塾の授業の予習と学校の宿題以外は積極的に自分からやろうとしていませんでした。でも、3年生になって、先生から1月までにやっておいた方が良い課題一覧をもらい、そこから計画を立てて勉強をするようになりました。類塾手帳を活用し、毎週の課題を積み重ねることが習慣付いてきたころには、勉強が楽しいと思えるようになっていました。受験勉強は毎日の小さな頑張りが大切だったと感じています。

    今3年生の人は、不安や焦りがあるかもしれないけれど、高校生の自分を想像して、一日5分でもやれることを頑張ってみてください。また、私は学校の定期考査の勉強を頑張っていたので、3年間の復習の負担が少し軽くなりました。1、2年生の人は、まず日々の授業への姿勢から少し意識してみたら、いつか合格という成果につながるかもしれません。

  • 豊中高校(文理)合格  金原 愛希さん(高槻8中卒)

    私は12月まで習い事をやっていて、周りの受験生より勉強を始めるのが遅れてしまいました。でも、宿題ではなく自分のやるべき課題を優先的にできたことで、自分の苦手な分野を克服することができました。また、授業では一つの解き方だけでなく他の考え方やヒントをもらえたことでいろいろな視点から問題を見られるようになり、数学の苦手意識がなくなっていきました。

    だから私は習い事をしながらも、短い時間で集中して勉強することができました。また、入試予想を参考にして分野を絞って勉強できました。

    公立入試前の模試ではあまり結果が出せなくて不安がとてもあったけれど、最後、先生に言われたように理科と社会に絞って勉強し、第一志望校に合格することができました。

ページの先頭に戻る

日吉台教室の地図

日吉台教室の所在地

〒569-1023
高槻市宮が谷町55-2
バス停「日吉台口」すぐ

re_rightColumnBanner_blog
2週間無料体験授業 入塾テストをもとに学習アドバイス
入塾個別説明 保護者さまの授業体験も受付中