ホーム > 座談会
  • 合格実績
  • 合格体験記
  • 座談会
    類塾ネット
    類塾ネット

座談会

  • 京大・阪大合格者インタビュー
  • ラグビー日本一・廣瀬選手インタビュー
 類塾卒業生が語る「難関国立大学に現役合格できたのは類塾のおかげ」

類塾に通って、勉強に対する意識が変わった!

TAくん

類塾には小4 から通い始めました。まずは友達ができ、彼らと難しい問題の解き合いを通じて、勉強を楽しいと感じるようになりました。類塾での思い出と聞かれたら、仲間との勉強を通じて、勉強自体を好きになれたことですね。

KKくん

僕は、学校の仲間と毎日自習室に来ていました。もちろん勉強はしていたけど、先生や友達と将来のことを話したり、励まし合えたことが今でも印象に残っています。

座談会風景
Tくん

僕は類塾に中3 から通い始めました。一番思い出に残っているのは、10時間くらい勉強し続ける夏の『カンヅメ特訓』ですね。それまで、あれほど勉強したことは無かったのですが、周りの人と一緒に頑張って『カンヅメ特訓』を乗り越えて得られた達成感が、「やればできる」という自信につながり、勉強のヤル気をさらに高めました。

TAくん

他に挙げるなら、僕は中学時代、サッカー部に所属していたのですが、類塾の宿題は適切な量だったので、中3夏頃までクラブと勉強を両立できました。クラブで仲間たちと思い切り練習できたことが、勉強のヤル気にもつながり、受験に邁進する力になったのだと思います。

MTさん

私は、類塾の先生たちのサポートに、今でも感謝しています。中3の途中で志望校を北野に変えたのですが、その時に先生が「君なら大丈夫だ」と言ってくれたので、北野高校の受験に自信が持てました。また併願校を選択するときも「高校に行ってから、実力をどのように伸ばすか」という視点で指導してくれたので、先生を信頼していました。

北村先生

みなさん、色々な思い出を話してくれましたが、共通しているのは、類塾で勉強意欲を高めていることですね。類塾は、仲間との勉強やクラブと勉強の両立を奨励していますし、生徒へのサポートも教室全体で心掛けています。それらが、みんなの勉強のヤル気アップにつながっているようで、嬉しい限りです。

NEXT:頭の使い方を学び、大学入試まで役に立った!
資料請求・お問合せ
ページの先頭に戻る