ホーム > 合格体験記
  • 合格実績
  • 成長体験記
  • 定期テストで成績アップ
  • 活躍する卒塾生たち
    類塾ネット
    類塾ネット

合格体験記

  • 公立高校
  • 国私立高校
  • 私立中学
  • 大学

北野高校

  • 京教大桃山中出身
    北野高校文理学科進学
    長 田 泰 知 くん

     私は類塾の「何事においても楽しむ」という考え方がとても重要であると思う。多くの人にとって勉強というものは面白くなく、楽しくないものだ。しかし、もし勉強がクラブやゲームのように楽しくなったらどうであろうか。
     私は3年の夏ごろ、集中講座を受けてから勉強がすごく楽しくなった。勉強の全てがいろいろなものと関わり合っているということを知ったからだ。全ての教科はさまざまな文化や事象と関係しているのである。私は、副教科のテスト勉強さえとても楽しくできるようになった。なぜなら、その知識や技術がいつか自分のスキルとなり、他の人を助けるために使えると思うと嬉しいからだ。
     集中講座で「教科の枠を超えて、現実世界とつなげることが大切である」ということを学んでから、ずっとテキストを解き続けるという勉強をやめた。それでも高校に合格できたから、みんなには勉強を楽しんでほしいと思う。

  • 大教大池田中出身
    北野高校文理学科進学
    横 地 陽 笑 さん

     類塾で学んだ追求型の勉強法は、私にとって一生の宝物となりました。
     私は、小学校4年生から類塾にお世話になっており、類塾で追求型の授業が始まったときには、今までの勉強に対する価値観を根底から覆されて戸惑ったこともありました。
     しかし、問題を論理的に考えたり、仲間の多角的な意見を聞いたりするにつれて、問題を追求しながら解くことは、社会のさまざまな「問題」について考えることにとても似ていることに気がつきました。
     受験勉強をしながら、将来に役立つ力を身につけられるのが、類塾だと思います。これからも、類塾で得た力を生かして世の中の役に立てる人になりたいと思います。

茨木高校

  • 北豊島中出身
    茨木高校文理学科進学
    加 賀 美 円 花 さん

     「分からない」ことを恥ずかしいと思っていませんか。私が成長できた原点は「分からない」と声を上げたことだと思います。SSSクラスで勉強する中で、周りの賢さに圧倒され、苦手科目の授業には中々ついていけませんでした。そんなとき、恥を捨てて、周りの仲間に「分からない」と声を上げました。声を上げて気付いたことは、周りにも同じところで分からなくなっている人がいるということです。誰か一人が勇気を出して「分からない」と声を上げることが、自分自身だけでなくクラス全体の成長につながります。
     「分からない」と思うことが合格への一歩です。そして、類塾には、たくさんの頼りになる先生がいます。壁にぶつかったとき、勉強が嫌になったとき、どんなときでも真剣に話を聞いて、解決策を考えてくれます。成長するためのカケラは自分の周りにたくさんあります。最高の類塾生活を送ってください。応援しています。

  • 古江台中出身
    茨木高校文理学科進学
    鴨 崎 匠 くん

     私が類塾で良かったと思えることは、苦手科目との向き合い方を学べたことです。私は、2年生の途中から類塾に通い始めましたが、そのころから数学が苦手で、特に立体図形が苦手でした。そんな私を助けてくれたのは、類塾の理数系の先生方と、同じクラスの友達でした。先生方は、模型で説明してくれたり、特別講座を開いてくれたりして、苦手な部分や分からない部分を分かるまで一緒に考えてくれました。友達も、自分にはない視点を教えてくれたり、一緒に考えたりしてくれました。
     私はそんな中で、苦手科目はその科目が得意な人に、自分が納得するまで聞き、また、色んな人に考え方や視点を聞くという向き合い方が一番大切だと学ぶことができました。おそらく、これは他の塾でただ受け身で学ぶだけでは気付けなかったと思います。今、苦手科目で悩んでいるみなさん、周りを信じて徹底的に質問してください。きっと大丈夫です。

豊中高校

  • 渋谷中出身
    豊中高校文理学科進学
    長 生 鳳 次 郎 くん

     私は、中学3年生の夏まで部活動に没頭していました。勉強面においてはなかなかうまくいかずにいましたが、特に向き合うことはありませんでした。夏休みに入って部活を引退し、高校受験が迫ってくるにつれて、少しずつ勉強時間は増えていきましたが、1年生の頃からこつこつ積み重ねてきた人よりは劣っていました。
     志望校に実力が追いつかず、悩み果てていたときに出会えたのが、類塾の追求型授業でした。授業で仲間と追求した題材を、家でも追求しました。予想していた受験勉強とは違って、追求型授業は楽しさがありました。数学ではグループで難問に挑み、解けたという達成感を味わいました。また、英語では文法などの学習はもちろん、異文化を調べたりもしました。いつの間にか類塾手帳も英語で記載していました。
     このように、他塾にはなかなかない追求型授業と類塾手帳の活用は、志望校合格へ導いてくれます。

  • 箕面6中出身
    豊中高校文理学科進学
    野 村 蒼 吾 くん

     僕は、中学3年生の夏に類塾に入りました。類塾に入る前、僕は家で一人で勉強していました。しかし、それでは集中力が続かず、勉強に苦労していました。そんなとき、類塾に通っていた友達に「類塾に一緒に行こう」と誘ってもらいました。始めは少し戸惑いましたが、いざ行ってみると、本気で勉強している友達を見つけ、突然やる気が出てきました。
     その友達と毎日のように自習室で追求するようになり、いつしかその友達は本気で意見を言い合える「仲間」となりました。公開実力テストや学校のテストで結果が出ず、苦しいときや辛いときもあったけれど、塾からの帰り道で仲間に「大丈夫だよ」と声を掛けてもらい、耐え抜くことができました。 みなさんも大切な仲間をたくさんつくって、追求を通して成長していってください。

千里高校

  • 友渕中出身
    千里高校総合科学科進学
    岩 井 悠 くん

     僕が類塾に入ったのは、中2になる前でした。母に連れられ、何となく入りました。初めはとても難しくて、全く授業についていけませんでした。また、親から「勉強ができなければサッカーを辞めろ」と言われており、勉強が本当に大嫌いでした。
     しかし、中3の夏に、類塾の先生に「サッカーと勉強をどっちも頑張れ」と言ってもらい、それからは勉強に対する姿勢が変わりました。また、そのころ、類塾本部で開催された「集中講座」にも参加し、「テストの点数を気にすることをやめて、勉強を自ら楽しもう」と意識するようになりました。すると、勉強が少し楽しくなり、仲間も一緒にやることで、更に楽しくなりました。
     そして、千里高校に合格することができました。僕は、類塾で多くの先生や仲間に支えられました。合格できたのも、多くの支えのおかげです。本当にありがとうございました。

  • 関大中出身
    千里高校総合科学科進学
    日 向 寺 陽 大 くん

     私は、中学生になってすぐに類塾に入塾しました。中学1年生、2年生を通じて家で受験勉強をしていました。しかし全く勉強の効率は上がらず、成績も上がりませんでした。3年生になり、入試本番が少しずつ近付いてくる中でも私のモチベーションも成績も上がることはありませんでした。
     しかし、夏休みに入ってから私の成績は上がり始めました。それは自らすすんで自習室に行くようになったからです。自習室では友達とわからないところを相談したり教え合ったりすることで楽しみながら勉強することができました。また、秋には自主グループを立ち上げて、他の教室へ自習しに行くようにもなりました。この自習によって私は楽しく勉強できるようになったのです。
     類塾に通うことを通じて、私は仲間の大切さに気付くことができました。高校でも楽しく勉強していきたいです。

大手前高校

  • 枚方4中出身
    大手前高校文理学科進学
    水 野 夏 さん

     私は、楽しんで受験生活を終えました。私が成長できたのは、大きな意識の変化があったからだと思っています。
     中3の夏、わたしはようやく周りとの大きな差に気付きました。偏差値は下がり続け、過去問も解けない。この状況をどうすればいいか分からないまま、類塾の「集中講座」に参加しました。ここで「腹をくくる」という言葉を学びました。この言葉を私なりに解釈すると、「テストという結果に意識を向けるのではなく、それまでの過程に意識を向ける。これで結果が悪くても仕方がない」と割り切ることです。
     私はこのように意識を変えるとともに、類塾手帳を活用し始めました。今、自分に必要な勉強を厳選して予定を立て、毎日の反省を書いていきました。これは入試直前の自信にも繋がりました。しかし、この方法はあくまでも一例です。自分に合った勉強法で、一日一日を大切に過ごすことが成長に繋がると、私は思います。

  • 天王寺中出身
    大手前高校文理学科進学
    山 下 実 穂 さん

     私は、受験直前こそ毎日自習室に行っていましたが、いわゆる受験勉強はあまりしませんでした。「基礎がしっかり定着していれば、必死になって机にかじりつかなくても大丈夫だろう」。そう思い、過去問を解くときや、解いた後は、基本問題や凡ミスをした問題、得意な問題など、入試当日に解けそうな問題にできるだけ焦点を合わせ、その後はリラックスしていました。
     入試当日も、可能な限り勉強以外のことを考え、緊張しないようにしました。
     受験生のみなさん。私は、受験勉強は必要最低限にして、他はリラックスして楽しんでいました。リラックスして気負わないのも、一つの受験期の過ごし方だと思います。全く勉強はしないわけにはいきませんが、必死にならなくても大丈夫。そう信じてみてください。

  •   

四條畷高校

  • 寝屋川4中出身
    四條畷高校文理学科進学
    伊 藤 雅 晃 くん

     私は、中学校3年生の11月、類塾へ入塾しました。私が入塾を決めたきっかけは、友達に誘われて受けた公開実力テストでした。自分の足りないところを詳しく結果で知らせてくれて、この塾なら自分が成長できると思い、入塾を決めました。
     そして、入塾テストを経てSSSクラスになりました。色んな教室から集まってきた頭のいい人たちに刺激され、私はみんなに追いつこうと、入塾する前よりも勉強するようになりました。そして、入塾したときから本当に短期間で偏差値が5ポイントほど上がり、四條畷高校文理学科に合格することができました。
     これは類塾で、友達と追求し合い、お互いに高め合うことで実現できたのだと思います。短い期間だったけれど、類塾のおかげで合格することができたと思います。本当に感謝しています。

  • 寝屋川6中出身
    四條畷高校文理学科進学
    中 絢 音 さん

     類塾は、授業一コマ一コマの質が高いので、他塾と比べて少ない授業数でも十分に成果を出すことができます。これは、類塾の大きな強みです。「楽しんで勝つ!」ために、私は部活や習い事も諦めず、しっかりと打ち込むことができました。
     受験生のみなさんは、こうした類塾の方針に驚いたり、他塾と類塾との授業数の差に不安を感じたりすることもあるかもしれませんが、類塾の先生を信じて、頑張ってください。
     「本物の追求力を身につければ、受験も突破できる」。遠回りに思えた道も、振り返って見れば近道です。ゴールへ向かって頑張ってください。

市岡高校

  • 大正東中出身
    市岡高校進学
    清 水 涼 雅 くん

     私は、この類塾に入る前は、グループ追求をする意味があまり分かっていませんでした。グループで問題をするのに、全員が分からないなら意味がないのではないかと思っていたからです。
     ですが、いざ類塾でグループ追求をすると、その意見は覆りました。自分の意見と他人の意見を共有し、自分が分からない答えまでの道筋を構築していく。つまり、自分の意見とは別の視点で考えることの重要性、グループ追求の大切さに気づきました。
     私たちの将来は、「答えのない時代」に突入します。明確な答えもなく、マニュアル通りにやればどうにかなったことでも通用しなくなっていきます。だからこそ、グループで問題を追求していくことが、いずれは社会の中で本当に大切になっていくと思っています。

寝屋川高校

  • 大宮中出身
    寝屋川高校進学
    久 保 晴 人 くん

     僕が寝屋川高校に合格できたのは、仲間の存在が大きいと思います。僕は、もともと頭が良かったわけではありません。もともとの偏差値でいうと総合では30ポイント位でした。しかし、僕は仲間と協力する中で勉強の楽しさを知りました。
     その中でも、数学は友達の影響を大きく受けました。僕は数学がとても苦手で大嫌いでした。でも、友達と共に勉強する中で、数学の、特に図形問題の面白さに気付きました。面白さに気付いた僕は、受験問題でも楽しんで解くことができました。国語の時間ではくじけそうになりましたが、仲間の顔を思い浮かべたら「ここで負けられない」と思い、自分の持っている力以上のものを出すことができました。
     僕は、類塾に入って仲間と共に勉強することで、大きく成長できることを知りました。皆さんも仲間と共に勉強して、合格をつかみとってください!

  • 四條畷西中出身
    寝屋川高校進学
    錦 織 こ こ ろ さん

     私は中2のときに類塾に入った。中2はクラブも本格的になり、クラブが終わった後は疲れてしまい、寝てしまうことが多く、勉強との両立が難しかった。でも、塾には何ごとも分かち合える友達や何でも相談できる先生がいたので、塾に行くとすごく頑張れた。
     また、私は中3になり、入試の直前まで志望校を悩んでいた。私は自分の行きたい高校とは違う高校にしようかと少し思っていた時期があった。そのとき、友達や類塾の先生が「あなたならできるよ」「頑張れ」と声をかけてくれたおかげで、挑戦しようと決めることができた。そして、私は自分が行きたい高校に合格することができた。これは本当に友達、そして類塾の先生のおかげだと思う。
     これから先、自分の進路で悩むことがたくさんあると思うし、いつか決めなければならないときが来ると思う。そんなときは、類塾の先生や友達に相談してみてください。きっと勇気をくれ、背中を押してくれると思います。夢をあきらめないでください。

天王寺高校

  • 千代田中出身
    天王寺高校文理学科進学
    福 永 千 紘 くん

     私は、類塾に小学6年生から通う中で、二つ気づいたことがあります。あたり前のことですが、大切なことなので伝えたいです。
     一つ目は、学力、学び考える力を育てるためには、反復と追求の二つを行う必要があるということです。反復は、問題などを何度も解いたり、教科書を読むことです。追求は、学んだ内容の核の部分は何かを考えたり、日常生活とのつながりを発見したりすることです。学力向上のためには、この二点を等しく行う必要があるのです。つまりどちらかが多くても少なくてもいけないということです。反復の中で追求を行うこと、それはとても大事な作業です。
     二つ目は、高校や大学合格が勉強の目的ではなく、自分がそこで何をするかが本来の目的であるということです。そこさえ間違えなければ、勉強の意義を理解でき、学力の向上につながります。この二つを守ってがんばってください。

  • 旭東中出身
    天王寺高校文理学科進学
    薬 師 寺 大 由 基 くん

     私は、合格した一番の要因は、集中講座によって自分の世界が広がったことだと思う。
     類塾でSSSクラスに入った時、学校といういかに小さな世界で生きていたかに気付いた。面白く、それぞれ全く異なる世界を持ち、とても賢い仲間たちとそこで出会ったからだ。
     だが、集中講座で出会う仲間たちによって創られる世界の大きさは、比べ物にならないくらい大きかった。そして、世界が広がったことにより、人の意見や身近なものに興味を持つようになった。なぜなら広がった世界には、たくさんの仲間たちと話すことによって得た「物の見方」や、身近なものへとつながる意見がたくさん存在したからである。それを知ることを楽しいと思った時に、私はいろんなものに興味を持ち、成績も一緒にどんどん上がり、志望校に合格することもできた。
     皆さんも集中講座に参加し、世界を広げてほしいと思う。

高津高校

  • 大阪南中出身
    高津高校文理学科進学
    岸 若 夏 さん

    私が類塾に入ったのは、中学3年生の夏期講習からでした。最初は授業についていくのが大変でしたが、映像授業や宿題をこなしていくなかで分かるようになり、スタートが遅れたと思わなくなりました。
     また、追求型授業では、グループの仲間と考えたり、教え合ったりして、さまざまなことが身についたと思います。自分で考えて答えを出す力、人に自分の考えを伝える力、そしてコミュニケーション能力などです。自分で考えて答えが出たときはとてもスッキリとします。友達と教え合って答えが出たときは、さらにスッキリしました。類塾の授業方針はさまざまなことを学べる、すごい授業です。
     周りより遅れていると思い、あきらめないでください。先生や仲間からたくさんのことを学び、類塾に通えてよかったと思える時間を過ごしてください。

  • 八阪中出身
    高津高校文理学科進学
    中 村 壮 太 くん

     成績が上がる勉強方法、皆さん知りたいことだと思います。しかし、直接成績を上げる勉強方法などあるのでしょうか。僕はその方法を見つけることができませんでしたが、成績を上げることはできました。
     僕が成績を上げた方法は、とてもシンプルで簡単です。成績を上げたい教科を好きになる、それだけです。好きだからもっと知りたい、もっと知りたいから勉強する。勉強し分かるようになることでその教科がもっと好きになる……。この繰り返しで、僕は成績を上げることができ、また勉強を好きになることもできました。
     皆さんは、これから受験勉強が待っています。それはとても疲れることで勉強を嫌いになるかもしれません。しかし、勉強を好きになれるチャンスでもあります。類塾にはそのチャンスがたくさん転がっています。皆さんもそれらをしっかりつかみ、受験戦争を乗り切ってください。

生野高校

  • 加美南中出身
    生野高校文理学科進学
    川 井 奏 乃 さん

    私は数学がずっと苦手でした。偏差値もなかなか上がらなくて、苦手でもあり、嫌いでもありました。
     しかし、中3の夏の夏期講習で出された反復課題のおかげで、私は数学が分かるようになりました。特に苦手だった相似は、ただ解くだけでなく相似を見つけられるだけ見つけたり、問題文から読み取れるところに線を引いたりしていると、平面図形が得意になりました。授業中でのグループ追求でも、さまざまな解き方があるのを知れて、数学って面白いなと初めて思いました。
     また、類塾手帳のおかげで計画を立てて実行する重要性にも気付けました。中2のころは部活や学校しか書くことがなく、利用していませんでした。しかし、入試が近付いた1月ごろから本格的に使い始め、計画的に勉強できました。
     私は計画を立てること、相談することが大事だと思います。

  • 河原城中出身
    生野高校文理学科進学
    田 中 歩 人 くん

     受験勉強において、苦手な教科でどれだけ点数を取れるかが、合格できるかの鍵になってくると思います。
     私は苦手だった数学で目をそらさずに努力した結果、高校に合格できたと思います。苦手な教科を克服するには、まず基礎をしっかりと固めることが一番大切だと思います。基礎をしっかり固めないで難しい問題に取り組んでいくと、建物と一緒で崩れてしまいます。
     それから、入試勉強で大事なのは仲間の存在だと思います。仲間と切磋琢磨していくことで、自然と学力が伸びていきます。友達との教え合いも大事な勉強方法です。でも、友達と余計な話に夢中になりすぎたら勉強できなくなるので、しっかりと類塾手帳を使いこなして、時間を決めて頑張ろう!!

住吉高校

  • 志紀中出身
    住吉高校国際文化科進学
    矢 田 茉 鈴 さん

     この3年間、一番、嵐を巻き起こし、成長したと思います。一つ私が証明したのは、「何か得意なことがあり、自分の信念があればやる気スイッチは勝手につく」ということです。
     私は「英語があればなんとかなる」と思い、その英語を生かすために「他の教科もがんばれば、自分に英語を学ぶチャンスがもっともらえる」と思って必死になりました。得意なことや、好きなことのために勉強するのも悪くないと思います。
     また、自分が合格したときに喜んでくれる人が多いほど、必死になれます。私はどちらかというと色々な人に心配されていましたが、本番の実力があれば突破できます。
     結果を自分のこととして想像できるのは自分だけです。自分のビジョンを持ち続け、自分が何をしたいのか考えて学校選びをしてほしいと思います。

三国丘高校

  • 狭山中出身
    三国丘高校文理学科進学
    竹 中 健 翔 くん

     僕は中学校3年の春に類塾に入塾しました。入塾当初、英語の偏差値が悪く、三国丘の英語のレベルには全く及ばない状態でした。さらに公立入試の英語が難しくなるということもあり、危機感がありました。
     類塾の授業を受けるようになり、グループ追求の中で英語の日本語にできないニュアンスに触れることで、本質的な理解ができるようになっていきました。
     偏差値の向上というものは、理解のうえに成り立つものであると思います。英語の理解ができたことで、僕の英語の偏差値も上がりました。苦手な教科こそグループ追求に励み、理解を深めてほしいです。その上で、絶対にこれだという目標を定め、合格できるよう頑張ってください。

  • 阪南中出身
    三国丘高校文理学科進学
    廣 瀬 桃 子 さん

     私は、中3の10月頃までテストで点を取るためにひたすら問題を解き、嫌々勉強をしていた。しかし、成績は伸びず、限界を感じていた。
     そんな時、参加した類塾の「集中講座」で、「点数を取るために詰めこんで勉強をしても、本当の意味での力はつかない。なんで?と感じたことをとことん追求することで、成績につながる追求力が身につく」ということを学んだ。それ以後は、仲間と一緒に歴史マップを作ったり、自分で展開図を描いて立体を作ったりした。そのように、苦痛である勉強ではなく、純粋に楽しいと思えるような課題に取り組んだ。それによって、自然と成績も大幅に上昇し、志望校合格にもつながった。私は仲間がいたおかげもあり、最後まで不安に押し潰されることなく、楽しく日々を過ごすことができた。
     みなさんも嫌々勉強をするのではなく、「楽しもう!」と思う気持ちを大切にしてください。

奈良高校

  • 二名中出身
    奈良高校進学
    相 澤 悟 くん

     成績が悪くなり、成績を上げたいというつまらない理由から入った類塾で、学習を超えて人生まで教えてもらった気がします。
     自分は、勉強は面白いものではないと思いこんでいました。しかし、9月に開かれた集中講座で「楽しく勉強しなかったらほとんど力にならない」ということを実感し、類の授業で意見を出そうとしたり、自分が興味を持ったことをインターネットで詳しく調べたりし始めました。自分の意思と行動が一致していないと意味がないということは、学習だけでなく、スポーツでも普段の生活でも同じです。
     この受験勉強で、自分の人生について考えることができました。これから「自分の意思を貫いて生きていくんだ」という決心ができるようになるまでに自分を成長させてくれた類塾に感謝しています。

  • 登美ヶ丘北中出身
    奈良高校進学
    上 田 那 月 さん

     私が類塾に入って良かったことは二つあります。
     一つ目は、類塾手帳のおかげで計画的に行動できるようになったことです。目の前のことだけに捉われず先を見通すことは、今後の生活でとても大切なことだと思います。
     二つ目は仲間の存在によって、一生懸命、頑張れたことです。自習室で何人かで勉強したことで、自分の欠点や良さに気付けました。また、勉強することの楽しさも感じられたことは、勉強への意欲にもつながりました。
     類塾生のみなさん、自分の目標に向かって頑張ってください。そしてやる気が出ないときは、仲間と協力し合って頑張ってください。

畝傍高校

  • 広陵中出身
    畝傍高校進学
    竹 田 昌 輝 くん

     僕が類塾で学んだことの中で、特に印象に残っていることは「追求」の理念です。
     ただ語句、公式を覚えて使う。それはテストでは通用しても、覚えただけでは社会で役に立つことは少ないでしょう。「この語句は社会でどのような場面で使われているのか」「この公式は何故成り立っているのか」などを追求すると、時間はかかっても、ただ覚えるよりも頭に定着し、その追求力が社会人になってからも大きな武器になると思います。
     僕が伝えたいことは、類塾の理念は「塾」の領域を超えているかも知れませんが、その理念を完璧に使いこなせば、テストや入試などではもちろん、将来にわたって通用する力の土台になります。類塾を信じて頑張ってください。

  • 香芝東中出身
    畝傍高校進学
    山 口 真 子 さん

     私は中学1年の春に類塾に入塾しました。そもそも学校の授業以外の「勉強」を知らなかった私は、他の塾に通っている友達の話を聞くことで「塾」のイメージを膨らませていました。
     実際、類塾に入ってみるとそのイメージとは少し違うと感じました。今では、明らかに他の塾とは違うと思います。その違いは、やはりグループでの学習スタイルです。戸惑うこともありましたが、新しいものを取り入れ、時代の流れに合った勉強をすることは、社会の変化を予想し、対応していく上で重要になると思います。
     自習室を活用して、友達とのグループ追求で楽しんで勉強できたことが、勉強に対するやる気の向上につながったと思います。どうか楽しみながら勉強してください。

郡山高校

  • 京西中出身
    郡山高校進学
    川 原 奈 千 花 さん

     私が類塾に入塾したのは小6の終わりごろでした。中学に入学してからは部活との両立がとてもしんどく、塾を重視していませんでした。
     しかし、類塾の「グループ追求」や「追求型授業」を受けていくうちに、勉強が面倒だという心情から、楽しいという心情に変わりました。仲間と共に一つの問題に向かって取り組むことは、他の塾ではなかなか体験できないことだし、自分にとって大きな力になりました。この授業があったからこそ勉強に一生懸命になれたし、受験を乗り越えることができました。
     みなさんも「受験勉強」の日々に嫌気がさすときや自信がなくなることもあると思います。そんなときは塾の先生や友達に話してみたり、頑張っている自分を褒めてあげてください。「みんなで一つの壁を乗り越える」という意識を忘れずに頑張ってください。

  • 奈良登美ヶ丘中出身
    郡山高校進学
    佐 本 真 由 さん

     私は、国語の勉強というものは、学校のテストや文法などの暗記以外したことがありませんでした。なぜなら、国語は覚えて解くものではないからです。
     では、何をしたか。私は昔から、本はたくさん読んでいました。そこで得たものも確かにあったでしょう。しかし、私は類塾に入って、人に伝えることの大切さと難しさを学んだことが大きかったと思います。
     どんな文章でも、何か伝えたいから筆者は書いています。読む私たちが、そのメッセージをつかむことが求められているのです。そのためには、自分自身が人に伝える力を持っていなければならないと思います。故に私は、類塾の仲間と共に意見を発信し、受信し合う学び方に感謝しています。
     この学び方に戸惑い、不安に思う人もいるかも知れませんが、必ず伸びます。自分が変わろうと、積極的に授業に取り組みさえすれば。

平城高校

  • 二名中出身
    平城高校進学
    清 水 浩 介 くん

     僕は、中学2年生の冬に類塾に入りました。それまでの成績は、今からは考えられないくらい悪かったです。類塾に入ってから、成績が上がりました。それは、類塾の先生が勧めてくれたことを継続したからだと思います。
     僕は、英語がとても苦手だったので、英語の勉強法を教えてもらい、それを継続していきました。実感はあまりなかったけれど、模試などを受けると成績が上がっていました。
     みなさんも、先生に勧められたことを継続してみてください。勉強は、スポーツと同じように努力をしたら伸びます。だから、最後まであきらめずに自分のことを信じ、志望校合格を目指して頑張ってください。応援しています。

一条高校

  • 京西中出身
    一条高校外国語科進学
    富 村 若 葉 さん

     私は類塾に入る前、やる気がなく、人と上手につきあうこともできない人間でした。そんな私を変えたのがこの類塾です。類塾の先生方は私の中にある力を見つけてくださり、そしてまわりの仲間は私に優しく接してくれて、私にこれではいけないと思わせてくれました。
     類塾に入った後、私の成績も性格も良い方向に変わっていきました。そしてやっと人並みになった後も仲間たちと追求し続け、なんと夢にまでみた一条高校の外国語学科に受かることができました。
     勉強が苦手で嫌いな私が、類塾で仲間たちや先生方と追求することにより、ここまで成長できました。これから高校を受ける皆さんも、周りの仲間を頼り、どうか夢をあきらめないでください。追い続ければきっと、皆さんの望みも叶うことでしょう。これを読み、夢を追う人が一人でも増えれば幸いです。頑張ってください。

  • 富雄3中出身
    一条高校外国語科進学
    中 井 裕 二 くん

     僕は類塾に入り、勉強に対する認識が変わり、勉強が楽しくなりました。僕は中3の夏前に入塾しました。そのころは勉強が嫌いでした。なぜなら、そのころの僕は勉強とは一人で机に座ってただ字を書くだけというつまらないものだと思っていたからです。
     しかし、類塾に入り、その考えは変わりました。なぜなら、類塾の授業は、授業時間の半分ほどが周りの塾生との追求で、今まで思っていた僕の勉強とは真逆だったからです。その追求では、ただの暗記ではなく、周りの人の考えなどを聞いたり、自分の考えを述べたりして考えを広げるというものでした。この追求のおかげで僕の勉強に対する認識が変わり、自発的に勉強するようになり、さらに深く、そして楽しく勉強できるようになりました。
     僕は結局、物事はどう楽しく見るかということだなと思いました。みなさんも楽しく勉強ができるように頑張ってください。

資料請求・お問合せ
ページの先頭に戻る