ホーム > 合格体験記
  • 合格実績
  • 成長体験記
  • 定期テストで成績アップ
  • 活躍する卒塾生たち
    類塾ネット

合格体験記

  • 高校
  • 保護者の見守り記
  • 私立中学
  • 大学

他塾との違いはここ!!

受験に対する焦りや不安が圧倒的に少ない。
それが、入試直前に感じた類塾生と他塾生の一番の違い

小田 華音さん

豊中高校(文理)合格

小田 華音さん

(豊中9中卒)

 しかし、それは単に入試のみに焦点を当てた見方であり、根本的な違いはもっと別にある、と私は考えています。中でも顕著な違いは勉強に対する意識や印象ではないでしょうか。
 私は自主グループに所属していて、週1回皆で集まって自習をしていました。そこでやっていた内容は確かに自習だったのですが、いつもどこか遊びの延長線上にあるようでもあり「楽しみながら学ぶ」という意識が常に根底にありました。そしてそれこそが、勉強に対する考え方の大きな違いの正体と呼べるものではないかと思います。
 受験に対する焦りや不安が少なかったのも、結局その過程を楽しめていたからではないか、というのが今の私の考えです。どうせやるなら、過程を少しでも楽しんでみてください。そうすれば、必ず素晴らしい経験と成果を得られるはずです!

グループ追求型だから、協力して課題を達成する力がついた

宮下 大夢くん

三島高校(普通)合格

宮下 大夢くん

(高槻10中卒)

 類塾が他の塾と違うのは、やっぱりグループ追求型でみんながコミュニケーションを取りながらできるところだと思う。
 みんなが一つの課題に向けて、力を合わせて達成していく。将来社会に出て働くときにも、いつも一緒にいる社員の仲間たちとの協力は欠かせない。この協力して何かを達成していくことを学べるのが類塾の特徴で、それは自分の大きな武器になる。そういうものが類塾には詰まっている。
 なので、この塾にはとても楽しそうな顔をして授業を受けている人が多いと感じる。類塾の理念に、みんなで勝つ・楽しんで勝つ、とある。この理念のとおりの塾で楽しむことができ、みんなと一緒に勉強ができた。この先の未来、何が必要かということを考えると、類塾に入りそういう3年間を過ごせたことをとても誇りに思えるだろう。

将来に生きる力が磨ける

仲間が物事の新しい見方や考え方を与えてくれた!

葉里 綾音さん

北野高校(文理)合格

葉里 綾音さん

(古江台中卒)

 私は類塾で仲間や先生がいたからこそ成長できたと思います。私は類塾に入るまで、勉強は一人で集中してするものだと思っていました。しかし、類塾に入って、勉強は仲間とするものだと強く実感しました。仲間は私に物事の新しい見方や考え方を与えてくれました。私はそのおかげで、これまで答えのみを重視する思考から、考え方を重視する新しい思考に転換することができました。そのことは、私の視野を広げてこれまでになかった新しい発見を見出すことにつながりました。仲間とはお互いを比べて、優劣をつけられるような存在ではなく、お互いの良い所や悪いところを全て理解し、お互いの能力を高めあえるような存在だと強く実感しました。また、仲間は私の精神的な支えとなりました。先生はしょうもないことや、悩みなどを私と同じ目線で全て聞いてくれ、私を支えてくれました。私は類塾に入り、大好きな仲間と先生に出会えて心から良かったと思います。

人との付き合い方や課題の捉え方が学べた!

風呂本 愛佳さん

初芝富田林高校(U類)合格

風呂本 愛佳さん

(高鷲南中卒)

 私が類塾に通っていて良かったと思うのは、人との付き合い方を学べたことです。他教室の生徒や後輩までのみんなで入試に向かえて本当に良かったと思っています。みんなで挑みたいと思ったからこそ、相手をどう巻き込むか考えられて、どんな勉強法を提案したらみんなが楽しめるか、乗ってきてくれるか、に頭を使って考えられました。
 人間関係も教科の勉強も、逆算で捉えることに違いはないということに気付いて、私は成長できました。それは、他人から伝えられて気付くことではなく、私が他の人にも類塾で気付いてほしいことです。入試の合否が全てではない。それまでに何を学べるのか。いかに楽しむか。これが大切です。不安になったときこそ、周囲の人と楽しんでほしい。結果は全てではない。楽しめたからもう満足。そう思える人が一人でも多くなってほしい。そのために、類塾の先生は卒塾生をどんどん頼ってほしい。それが将来、必ず役に立つ時が来る。

追求する面白さを発見!

難問にどう立ち向かってやろうかと、ワクワクできるか!

藤川 希実さん

四條畷高校(文理)合格

藤川 希実さん

(交野3中卒)

 勉強は課題。無意識にそう思っていた。難問が出れば、「えー」と不満を言う。これが、ある一種の勉強の礼儀であるように感じていた。
 しかしSSSクラスに入って、その考えは塗り変えられる。出題のレベルに圧倒される中、周りの表情を見て、驚いた。楽しそうだった。まるで、ゲームをしているかのように。決してすらすらと解けるから、という訳ではない。難問にどう立ち向かってやろうかと、自分を試しているようだった。
 なんとレベルの高い集団なのだろうと思った。単に学力が高いから、ではない。彼らは苦しい状態を楽しいゲームに変える方法を知っているからだ。実際、入試の前であっても教室は笑いにあふれていた。勉強をゲームにすることができたら、もはやそれは苦ではない。そして、ゲームにすることは今からでもできることを忘れないでほしい。

多量の問題演習では、成績下降。広い視野を持って追求したら、成績急上昇!

松井 花望子さん

天王寺高校(文理)合格

松井 花望子さん

(文の里中卒)

 「追求と合格に何の関係があるんだろう。」と私は3年生になるまで思っていました。追求し考えることの大切さを知らなかった私は、自分一人で問題を解けば受かると考え、また学校でも問題を解けと言われていました。
 しかし、3年生の夏、問題を多量に解いていたはずなのに成績が落ち、志望校は難しいだろうと言われました。絶望していた私に、「視野を広げ、様々な人の考え方、いい所を取り入れなさい。」と類塾の先生は声をかけてくれ、その日から私は、仲間と共に追求し、考えるようになりました。自主グループで仲間の考え方を取り入れ、共に追求したことで、一つの問題を様々な視点から見れ、成績が上がり、合格につながったのだと考えます。
 これから社会で求められるのは、広い視野を持ち、追求し考えることができる人です。これから類塾で学ぶ人も、追求をやめず、自分の可能性と視野を広げ、合格をその手でつかみとってください。

常識から脱却することで、可能性が拓かれる

山本 凜さん

高津高校(文理)合格

山本 凜さん

(瓜破西中卒)

 私はもともと、学校や学校の先生が大好きで、入塾当初は類塾の言っている意味が理解できませんでした。ですが、中2の冬に受講した数学での体験がきっかけで理解し始め、さらにこの体験は私の人生に大きく影響を与えてもくれました。
 ここで、学校で学ぶギリシャ数学の、洗練された美しさによる実用性の無さを知ったときに、何のために学んでいるのか疑問を抱きました。これまで当たり前に学ぶべきものとして受け入れていたので、本当に衝撃を受け、感動しました。自分の常識が否定されたのです。世界が広がるような感覚でした。
 そして、どんなきっかけでも構いませんが、この感動は、後輩のみなさんにも味わってほしいです。自分にとっての常識から脱却することは、とても大変なことですが、その後に待っている可能性は、絶対に私たちを後悔させません。類塾に通っているみなさんなら、きっとできます。自分を信じて、もっと広い世界の中で生きてください!

この講座がオススメです!

私のオススメは、社会人と一緒に追求する「実現塾」

左海 一花さん

市岡高校合格

左海 一花さん

(加美南中卒)

 テストの点が上がっても、成績が上がっても、人としての自分が成長しているとは思えませんでした。それが私が変われたきっかけです。
 そう思ったのは、実現塾で社会人の方の生き生きとした姿を見ることができたからだと思います。皆を明るくしたい、人の役に立ちたいという思いは、人との関係を作っていく本当に大切な気持ちだと、そこで気付くことができ、学校ではその力は評価されないという不思議な構造も見つけることができました。だから、せっかく類塾に通っている皆には、自分を管理して縛っている親や学校を突破してほしいです。そして、皆を充足させるにはどうする?といったように、わくわくすることを仲間とどんどん追求し、思いっきり楽しんでほしいです。そうすれば、自分や仲間が大きく成長すること間違いなしです!
 私は、あなたたちと新しい社会をつくっていくのを楽しみにしています。

僕のオススメは、刺激と学びの連続「集中講座」

北沢 涼佑くん

高津高校(文理)合格

北沢 涼佑くん

(今宮中卒)

 僕は中学1年の初めの頃に類塾に入りました。その頃は、テストの点数を上げることだけが目的でした。しかし、類塾のグループ追求型の授業を受けていくうちに、その意識は徐々になくなっていき、いつの間にか楽しんで勉強することが目的になっていました。さらに、中学3年の時の集中講座では、社会で求められている能力を伸ばすには仲間との追求が必要不可欠だということが分かりました。だから、日々の類塾の授業や自主グループの重要性を深く感じることができました。
 僕が第一志望の高校に合格できたのは、本番の緊張がなく、あせらずに取り組めたからです。そして、それができたのは集中講座で、長い人生から見ると受験はたった一つのイベントでしかないと考えられるようになったからです。
 類塾は、勉強する場面だけでなく、働く場面においても、とても役に立つ考え方が学べる場なので、後輩のみなさんも追求を大切にしてください。

資料請求・お問合せ
ページの先頭に戻る