ホーム > 5教科のカリキュラム > 国語
  • 最少の授業数と自主グループ
  • 追求型授業
  • 5教科のカリキュラム
  • 学習サポートコンテンツ
    類塾ネット
    類塾ネット

5教科のカリキュラム

  • 国語
  • 算数・数学
  • 英語
  • 理科
  • 社会

言語能力の再生基盤は、言語の獲得過程にあり

 言葉(観念)は、人類が、本能や直観では答えが出ない未明課題をみんなで追求するために獲得した能力です。そして、その追求した中身をみんなにより的確に伝えるために発展してきました。つまり、未知なる世界を前にしてみんなで「どうする?」を追求することこそ、人類の命綱であり、人類の最強の力の源泉であり、人類の言葉の欠乏の根幹です。
 赤ん坊が言葉を習得する過程も、同様です。周りのあらゆる人・物・事象etcを掴もうと、注視と問いかけを繰り返し、貪欲に言葉を習得してゆきます。
 従って、その各過程を効果的に刺激することで、言語能力は飛躍的に上昇していくのです。

追求型授業レポート

対象の背後を掴み、自分の言葉で表現する

同化追求メニュー

自らの思念を表現するのに相応しい言葉を探索したり、場を導く言葉を探索する中での言葉との格闘が、言語能力を大きく上昇させます。表現を追求する楽しみを感じてもらえるよう開発されたこのメニューでは「作文は苦手、嫌〜」と言っていた生徒も作家気分で写真からイメージを膨らませて物語を書いています。
一人ひとりの視点で、大人には思いつかない物語を生み出していく子供たちの感性、表現力に驚かされます。お互いの文章を読み合うのも楽しい刺激になり、“また書きたい!今度のメニューはいつ?”とリクエストが入るほど、人気の授業メニューです。

◎写真を見て、感じたことを言葉にしてみよう!

勉強法メニュー

 音読は学校や他塾でも取り入れられていますが、類塾の音読暗誦はCDに合わせて声を出すのが特徴です。名文を正しいリズムや抑揚に同化して反復することで、言葉の言い回しや文章の構造が自然と身につきます。

 聴いた話を第三者に伝えるトレーニング。話者と第三者の両者に同化する必要があり、社会に出て最も求められる能力を培います。

 文章の言い換え、概念の使用例、言葉の間違い探しなどを通じて、言葉やその使い方の感度を高めます。

 写真を見てタイトルや俳句、物語、広告文などを考え、言葉で表現することを楽しみ、言語表現力を養います。また、入試で出題される小論文形式に向けて、図解化にも取り組み、論理構成力を鍛えます。

グループ追求を続けると突破口が見え、偏差値も上がった
合格体験記  笠井悠優太郎  私が志望校に合格できたのは類塾のSSSの仲間とのグループ追求のおかげです。私は一時期、国語の成績が伸び悩み、苦しい時期がありました。皆さんにも来ると思いますが、何をやっても上手くいかず、空回りばかりしていました。
 しかし、グループ追求を続けると次第に突破口が見え、国語の偏差値も上昇しました。それは、曖昧だった自分の考え方を確立するため、文の構造の分析や同意の文を探すなどの追求を続けたためだと思います。
 そして、良いグループ追求にするためには、自分の意見を主体的に喋ろうとすることが大事です。言いたいことがあるのに、 頭の中に閉じ込めたままでは堂々巡りを始め、納得できないまま終わってしまいます。しかし、喋ることで自分の意見は人の意見と混ざり合い、一人では生み出せない突破口に変わります。皆さんにもグループ追求を続けて志望校に合格してほしいと思います。
資料請求・お問合せ
ページの先頭に戻る