ホーム > 5教科のカリキュラム > 理科
  • 追求型授業
  • 自主グループ紹介
  • 教科カリキュラム
  • 厳選されたスタッフ陣
  • 生徒ヒヤリング
  • 自習室
  • 類塾手帳
  • 進路指導
  • 安心の通塾環境
    類塾ネット
    類塾の最新情報はこちら

5教科のカリキュラム

  • 国語
  • 算数・数学
  • 英語
  • 理科
  • 社会

物事の見方を養い、原理・法則を使って考える力を鍛える

 教科書や世の中の定説・常識を鵜呑みにしていては得られない、身のまわりの現象と認識をつなぎ、未明課題に向かって可能性を追求する力こそ、今後必要とされる本物の理科の力となります。
 類塾の理科では、ただ教科書にある用語や研究結果を暗記するのではなく、それに至るまでの過程(疑問→仮説→実験→検証→法則性)を追求し、「現象の背後にあるしくみは何なのか?」、ものごとを構造的に思考してゆきます。
 グループ追求を通して、ものごとのつながりや因果関係、派生する疑問点に対する自分なりの仮説=答えを試行錯誤していくことで、「なぜそうなるのか」を追求していく力を身につけます。

追求型授業レポート

自然には「なんで?」がいっぱい。 教科書範囲なんて飛び超えよう!

生徒たちの作品

・茎の真ん中に空洞があるのはなんで?

・ナマケモノは運動しすぎると、体温が上がって死ぬそうだ。なんで?

・馬は鼻でしか呼吸できないから、いつも鼻息が荒いんだって。なんで口呼吸できないの?

・最近新しく発見された動物っているの?

・なぜコマは円なの?

・凧が空を飛ぶのはなぜ?

・「hPa」って、なんでhが小文字でPが大文字なの?

・融点と沸点が物質によって違うのはなんで?

・なぜ入射角=反射角になるの?

・物質によって水に溶ける量が違うのはなんで?

・光って何?

・カミナリは温度によって発生率は変わるのか?

勉強法メニュー

 実験体感系メニューによって現実と理科とのつながりを見つけます。身近なものを活用して仕組みやつながりを実感しています。手を動かすことで実感と繋がるし、結果を図で表してみることで関係性を掴むこともできます。成果発表や表彰も行っています。

 「化学式」「天体の位置関係」「仕事」などの分野を、図にして考え方を確認します。また、図解化することで、「動物の進化→食物連鎖→炭素の循環→環境の変化→地理」など、科目を超えて繋がり、全体像を掴めるのです。また、その方法を追求します。

 重要問題や数値を含んだ問題について、そのもととなる考え方にさかのぼってグループで追求し、その解法を共有することで、問題で扱われている原理や法則を完全に把握できるようになります。

 教科書の反復によって、因果関係や繋がりを構造的に理解します。

 学習単元を元に、関連した新聞記事や書籍・資料を読むことで、志を形成します。

「知らないことを知る」勉強へと意識転換!苦手を克服できた

川本晃くん

天王寺高校(文理)合格

川本晃くん

(住吉中卒)

 僕は4年生の頃から類塾に通っていましたが、最初は理系の科目が苦手でした。特に理科は、毎回の公開実力テストでも足を引っ張っている状況でした。
 しかし、結果から言うと、僕は理科が好きになり、得意にすることができました。一番大きな理由は、意識の転換だと思います。理科が苦手だった頃の僕は、理科を含め勉強は強制的なもので、やらなければならないものだと思っていました。そんな時、類塾は「強制課題をただこなすだけの勉強は意味がない」ということを教えてくれました。そこで、僕はやっと勉強に対するイメージを変え、「やらなければならないこと」から「知らないことを知るもの」といういい方向に意識を変えることもできました。
 僕はこの方法で苦手科目を克服でき、志望校に合格することもできました。みなさんも壁にぶつかった時は、意識を変えてみるのもいいと思います。志望校合格へ、頑張ってください!

資料請求・お問合せ
ページの先頭に戻る