■12月10日(土)の自然百姓塾は 
午前:穫れた白菜やダイコンでキムチ・漬物作り
午後:落ち葉たい肥の小屋を作ろう

※午前中に作成した白菜などのキムチは、お持ち帰りいただけます。
※午後はたい肥小屋を建築します。安全のため、軍手長そで長ズボンを必ずご用意ください。
※午前午後ともに田畑や山林での作業も予定しています。長靴のご用意もお願いします。


12月のテーマの一つは、冬の百姓仕事としての「保存食づくり」であり、「発酵」を活用した食品加工に挑戦していきます。

前回は自分たちの田んぼの稲わらを活用した納豆を作りましたが、今回は畑で育てている白菜やダイコンを収穫して、保存食としての「キムチ」などを作成します!

本場韓国の辛くなく風味豊かな唐辛子を利用して、比較的短時間で完成する方法でキムチを作成します。作成したキムチはお持ち帰りいただけます。

午後は、以前集めた落ち葉からたい肥を作るための、「たい肥小屋(木枠)」を作成します。

インパクトドライバーなども利用した、比較的大がかりなたい肥小屋を、チームで協力しながら組み上げていきます。

組み上げる過程で、道具の使い方、垂直や並行の必要性、どのように段取りを組んで協力すれば完成するか?などを体感的に学んでいきます。

関連記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事
TOP