資料請求・お問い合わせ

料金や時間割などをお届けします

資料請求
お問い合わせ

「子育て相談」受付中

子育て相談 <電話・来訪> ~なんでも相談ください~

・“宿題やりなさい!”と言わないとやらない!
・1人でできないので、つきっきりで宿題を見ていて、親子共々疲れた・・・
・いつもダラダラしているので、見ていてイライラする!
・集中力がない!どうしたらいい?

【注意・管理】→【直らない】→【注意・管理】→【直らない】の永遠のループ!このループから抜け出すにはどうしたらいいのでしょうか。

・子供が消極的で友達付き合いが苦手・・・どうしよう?
・いつもスマホやゲームばかり。もっと他のことにも興味を持ってもらいたい。
・学校に行きたがらないが、どうしたらいいかわからない・・・

子供の人間力、好奇心を磨くのに、大人ができることはあるのでしょうか。

・この先、子供たちに必要な学びってなに?
・これからの社会どうなる?

深く考えずに“学校は当然”“勉強は当然”と思ってしまっていますが、それは本当でしょうか。子供にとって本当に必要な学びとは、何なのでしょうか。

類子屋・類塾だからこそ見える視点と答えがあります。

類子屋・類塾は創立以来45年、地域の多くの保護者・生徒と向き合い続けてきました。
そして教育だけでなく、社会の活力再生を志に“設計・教育・農業”と社会に必要な事業を展開。成果を出し続けてきました。

バブル崩壊、リーマンショック、度重なる大災害、コロナ騒動。
社会の様々な変化に対し、人々の意識はどう変化するのか、そしてこれからの社会はどうなっていくのか。
社会で生き抜くにはどんな力が必要なのか。

現実を直視し、追求してきた類グループだからこそ、見える視点と答えがあります。
子育てのこと、勉強のこと、これからの社会のこと。何でも相談ください。

<事例1>注意・管理ループの日常に疲弊 →数週間後、子供が自ら宿題をやるように!

小3男子 母 からの相談

・「宿題やったの?」が口癖
・100点じゃないと「あとちょっとで100点なんだから!」と、やり直しやお手製問題をやらせてしまう
そんなことを繰り返していると、次第に子供はそれに反発して癇癪を起こすようになったり、日常のちょっとしたことも、家族に甘えて自分でやらなくなってしまった。

<数週間後>
以前の不安いっぱいの時からは想像もつかないくらい、明るく充足に満ち溢れた声で、「類塾からもらったアドバイスを家族とも共有して実践してみたら、本当に勝手に宿題やり始めた!」と報告をくださいました。

■“子供のやる気を作り出す”類塾からのアドバイス

宿題や成績に対して、お母さんの注意・管理を徹底的にやめましましょう!
興味がわかない勉強に対して、さらに強制・管理されては、やる気がさらになくなるのは当然。
(お母さんもやらなきゃと思っていた家事を“やれ!”と言われたらやる気がなくなりますよね。それと一緒です。)
子供たちの活力源は仲間。だから、仲間とともに“自分たちでやりたくなる空気を作れるか”です。
類塾には、仲間も、意欲が上がるカリキュラムもありますので、ご相談ください。

お子さんとのスキンシップや、充足関係充足の基盤を作ることに注力してください!
人間の最大の活力源は親和充足。スキンシップや共認充足が足りていない親和欠損の状態では、いくら無理やりやらせても、成果にも成長にも繋がりません!
いっぱいスキンシップをしましょう♪

また、お手伝いをする際もやらせて評価するのではなく、たくさんおしゃべりしながら、一緒にやって、一緒に楽しむこと。
そして褒めるときにも「すごいね」ではなく「ありがとう!助かった!」を伝えてあげてください!
そうすることで、“自分の評価”から“みんなの喜び”に目を向けられるようになっていきます。

お子さまや保護者さまのタイプや状況によって、アドバイスの詳細は異なりますので、ぜひご相談ください。