資料請求・お問い合わせ

受講料や時間割などをお届けします

資料請求
お問い合わせ

定期テストで成績アップ

【2学期中間テスト結果】体感学習法で定期テストも突破

2学期中間テストの成績アップ事例が続々出てきています!類塾本科の体感学習法でどのようにして成績があがったのでしょうか?学習法を模索中、という方は必見です!ぜひご覧ください。

学校の授業では先生の話に集中 ▶︎ 重要点が掴める!
それを一元化した教科書の高速音読で抜群の成果!

3年 増本 和香さん(京橋駅前教室) 

「高速音読」を繰り返すと、人物や背景など、最初はぼんやりした像だったのが、具体的に鮮明にイメージできるようになっていった。重要点を書き込んだ教科書の高速音読効果で、テスト本番、答えがどんどん思い浮かんできた!

また、「探求科」で相手の話の幹を掴む力がついたから、学校の先生がどこに重点を置いているかに気づけた。授業を受けるときも、「理解しないといけない」という義務感から解放され、「相手が言っていることを掴んでみよう!」という気持ちになれた!

山田中3年 M.T.くん 

学校の授業では、ノートはパパッととり、先生の話を聞くことに集中。その話から掴んだ重要なこともノートに記入。その内容もすべて教科書に一元化し、これを徹底的に「高速音読」した。
「5分間集中」は、4分30秒でタイマーをセットし、切り替えの時間も含めて5分でやるを徹底!集中力が格段に上昇した!

高速音読で文系科目が伸びる!
文意がすぐに掴めるようになるから、初見の問題にも強い!

3年 K.R.さん(京橋駅前教室) 

ワークの範囲は広かったけど、学対特訓と学校の隙間時間を有効活用して、早々に終わらせられた!「5分間集中」を普段からやっていたので、短時間でも集中してワークに取り組めた!
英語は、「高速音読」を何度もしているうちに自然と教科書の文が頭に入るから、熟語なども瞬間的に出てくるように。普段の授業で昔話テキストや長文を高速音読していたので、テストで初めて見る長文問題も、途中で止まることなく、一気に最後まで読める。すると意味が素早く掴めて、問題もスムーズに解けるようになった!
社会は、今まで流れを掴めなくて苦戦していたけど、類塾の教科書テキストを繰り返し高速音読したら、大筋が頭に入り、細かい用語も苦労なく覚えられた!

勉強時間は減っているのに、成績上昇!
非効率なやり方をやめて、高速音読に切り替えるだけ!

城陽中 2年 A.Y.さん

もともと苦手な数学は、毎回90点以上取れるようになってきた!テスト前、何も特別なことはしていない。授業の「学び合い」で、分からないところが解消できるので、学校のワークなどもすんなり解けるようになった。
「高速音読」のやり方が身に付き、今までは、直前にノートをもう一度写す、書いて覚えるなど非効率なことをして疲れていたけど、今回そのやり方はやめて、教科書の高速音読に比重を置いた。理社は、短時間で、知識を頭の中に整理できるように!部活の中心メンバーになって勉強時間は減っているのに、点数は上がり、自分でも驚き!

高速音読・みんなとの学び合いで読解力が急上昇!

登美ヶ丘北中 2年 P.J.さん【6月入塾】

日本に来て1年と少し。類塾に入塾してから国語の力が上昇!前までは、日本語を読むのに時間がかかって、テストも最後まで終わらなかったが、「高速音読」で読むスピードが上がり、最後まで解ききれたのが、いい点数に結びついた。
また、類塾の国語の授業では、時間を短く区切って、グループで考えを出し合う。そのおかげで、ただ読むのではなく、文章の構成や、どんな物語だったかが分かるようになり、記述問題もどう答えればいいのか分かるようになった。
ただ暗記するだけの社会が苦手だったが、先輩との学び合いで、時代の流れや背景なども分かるようになり、一つ一つの出来事を大きな枠の中で考えられるようになったので、説明するのも覚えるのも得意になった。

「課題を後回し→直前に詰め込み」を脱却!
やる気の源は、「仲間のために動く」こと!

松原中 2年 M.J.さん 

今までは、課題を後回しにして、直前にワークが終わらずあたふたして詰め込みになることも多々あった。今回、仲間との自主グループのおかげで主体性が生まれ、テストに向かう姿勢がガラリと変わり、ワークは事前に終わらせて、復習と「高速音読」に取り組めた。テスト勉強も、みんなで「誰かのために動く」を目標にしたからこそ、やる気に火をつけられた!

頭の使い方さえ転換すれば、勉強での成果も激変!
「探求科」と「仕事塾」で追求力を磨き、点数上昇!

佃中 3年 森 陸飛くん 

「仕事塾」を始めて、生徒一人一人の表情を本気で注視するようになって、何事に対しても本気で必死に考えるようになった。学校の隙間時間に、自分の弱い表現を書き留めたり、英単語の発音とつづりの関係など、疑問に思っていたことを追求したりしているうちに、知識がどんどん頭に入っていった。“学校で理解できずに家に帰っても仕方ない”と、意識を変えたのも大きい。
だから、勉強時間は増えていないし、家では全く勉強していないが、点数上昇!
「探求科」で掴んだ構造認識や図解化の思考を社会などにも適用。科目の内容も追求するようになってから、成績がぐんぐん上昇中!

1学期期末テスト結果より

高速音読が必勝法!英・国・理・社、あらゆる科目の上昇の秘訣

苦手だった「空欄補充」が全問正解!

彩都西中 2年 安部 太翔くん <学対特訓受講>

テスト前にも「高速音読」をひたすら繰り返した。すると、テスト本番、国語の文章は瞬時に文意を捉えられた。空欄補充の問題が苦手だったけど、頭の中に音声が流れてくるので、いとも簡単に全問正解!

声に出して読むことで「分かったつもり」を脱却

枚方1中 3年 O.K.さん <学対特訓受講>

教科書を音読するようになって、今までは、目で追いかけるだけで、「分かったつもり」になっていたことに気づけた!声に出すことで、イメージしきれていないところが鮮明になり、今まで流していたところも、高速音読を重ねる中で吸収できた。

スピード・集中を高め、学校課題は即完了。直前まで有効に時間を使う

英・数・理100点!社会も自己ベスト

枚岡中 2年 Kくん <学対特訓受講>

英理社は「高速音読」で効率的に内容が定着!自主勉強でも友達と「学び合い」を実践し、自分の理解不十分を発掘できた。
学対特訓で早期に提出物を終わらせたので、テスト直前は自分のミスポイントをつぶすなど、最終チェックに時間を使えた!

無駄な勉強はしない。勝因は「何をすべきか」の照準

網羅思考は使えない。まず何より照準!

加賀田中 2年 桒原 大輔くん <学対特訓受講>

まず学校の先生の話をしっかり聞き、大事なポイントを掴む。教科書も全部網羅しようとせず、照準を絞って音読。ワーク演習でも、間違った箇所は数回「高速音読」して定着させた。「5分間集中」で自宅でも意欲を維持!

「教科書一元化」で重要点を明確に

豊中4中 3年 T.Y.くん <学対特訓受講>

学対特訓で意識づいた「教科書一元化」で、学校の先生が大事だと言っているポイントが一目で分かり、直前に役立った。生まれた余力で、間違えやすいポイントを分析し、テスト本番、そこに照準を絞って見直せた。

無塾→類塾へ!意欲も成果もUP

天王寺中 3年 K.N.さん <学対特訓受講>

入塾してから、嫌いだった英語が好きになった!「高速音読」を始めてからは、リスニングがゆっくりに聴こえるように。また、「学び合い」で、「どうすれば相手に伝えられるか」を考えたから記憶に残り、定着率が上がった!

主体的に学ぶ姿勢と根底の能力が磨かれる類塾の学習法は、変化にも強い!

学年平均がマイナス29点の中、27点UPの快挙!

歌島中 3年 M.Y.くん <学対特訓受講>

英語上昇の秘訣は「高速音読」と「5分間集中」!高速音読は毎日30分行い、点数の7割はそれで取れた。ワークは「5分間集中」で3回ほど反復。取り組み始めに比べ、直前期は解くスピードが倍増した!