電話で相談
0120-117-219

0120-117-219
資料請求
お問い合わせ

資料請求

阿武野学舎

阿武野学舎の所在地

〒569-1141
高槻市氷室町4-1-5

【自習室完備】【無料送迎バス運行】

お電話での資料請求・お問い合わせ

受講料・時間割等の資料をお送りします


0120-117-219

電話受付時間:10時~21時
※来訪受付は14時から(日曜除く)


                           

【毎日開催】 相談会・説明会のご案内

全学年対象の各種相談会を実施しています。時間帯は以下の通りです。
なお、お電話でのご相談は、いつでもお受けしています。(電話受付時間:10時~21時)

  • 11:0012:00
  • 13:0014:00
  • 15:0016:00
  • 17:0018:00
  • 19:0020:00
 
                               

相談会・説明会に予約する

                             

ご希望の日時をお知らせください。


0120-117-219

電話受付時間:10時~21時


学舎長からのメッセージ | 阿武野学舎

阿武野学舎には、太田中・阿武山中・阿武野中・高槻2中・高槻4中・北陵中の地域を中心に、遠方からも無料通塾バスを利用して多くの小中学生が楽しく通ってくれています。

今春の高校入試では、昨年に引き続き【大阪府私立入試全員合格】【茨木高校・三島高校・槻の木高校・高槻北高校などの地元公立高校の合格率100%】を達成。また定期テストなどでも点数をぐっと伸ばしている子が多くいます。

阿武野学舎に通われている子供たちの声を紹介します。
【探求科】で、未知のことを仲間と「何?」「なんで?」と考えるのが楽しい。
【仕事塾】で、周りのやる気をあげることができて、自分のやる気も上がった!
【高速音読】は、夢中で声を出すので文章の全体像をつかめるようになった!
【グループ追求】をしていると、夢中になりあっという間に時間が過ぎる。

また保護者さまからの声も紹介します。
【遊学舎】に通わせて、どんどん表情がよくなっていった。元気になっている。
【幼小科】に通わせて、相手のことを考えられる子になってきている。

類塾生の凄さは、ただ成果を出しているだけでなく、生き生き主体的に学んでいることです。
その秘訣は、子供の意欲を徹底追求した「内発型学習法」と、人間力を培い、追求力を喚起する「無学年制の授業」にあります。
管理・強制され封鎖されてしまった、意欲と追求心を喚起するのが類塾の最大の特徴です!

入塾相談会では、塾選びや学習の相談はもちろん、「子育てどうする?」「これからの時代はどう変化して行くのか」「そこで必要な力は何か」などどのようなご相談にもお応えします。
他塾の、相談会では得られない新たな発見・充足・可能性を体感できますので、ぜひ一度お越しください。
スタッフ一同、心よりお待ちしております。

学舎の様子

塾生の主な在籍校

【小学校】

阿武野小/郡家小/南平台小/阿武山小/土室小/赤大路小/川西小/太田小/三島小/西河原小/山手台小

【中学校】

太田中/阿武山中/阿武野中/高槻2中/高槻4中/北陵中

開講コース

■本科
【中学部】
 ・中学本科コース        
 ・学対特訓        
 ・理科・社会    

   

【小学部】(小3〜)        
 ・小学本科コース        
    ---中受特訓
 ※一部、近隣教室への集約となります。

・作文指南通信講座(小3〜中3)    

・公開テスト(小3〜中3)    

■探求科        
・年中〜小3のクラス
・小3〜高校生のクラス    

   

類子屋のコース>
・幼小科(年中〜小3)
・探求科(年中〜)
・3−9遊学舎(年中〜小6)        
・全日制 類学舎(小3〜高3)
・仕事塾(小4〜高3)
・自然百姓塾(年中〜中3)

生徒の声

5分間集中法で、時間配分が上手くなった
茨木高校 合格 田中 一平くん(太田中卒)

私は、類塾の「5分間集中法」を通じて、テストのときの時間配分の仕方や、早く解くコツなどを学びました。「5分間集中法」では、時間に追われながらどんどん進んでいくので自然とスピード意識が身に付きました。さらに、各問題ごとにかかる時間も把握できるようになりました。そのため、テストでは、まず、最低どのくらいで解けるかを計算し、その後、見直しの時間を考えるという方法でやると、実際に時間が余ることが多くなりました。特に、大阪府の公立高校の入試では文章が長く、まわりくどい表現の問題文が含まれる問題が多く出題されるので、その問題の必要な部分を見ることができるようになり、速い速度で解けるようになりました。

茨木高校 合格 田中 一平くん(太田中卒)

私は、類塾の「5分間集中法」を通じて、テストのときの時間配分の仕方や、早く解くコツなどを学びました。「5分間集中法」では、時間に追われながらどんどん進んでいくので自然とスピード意識が身に付きました。さらに、各問題ごとにかかる時間も把握できるようになりました。そのため、テストでは、まず、最低どのくらいで解けるかを計算し、その後、見直しの時間を考えるという方法でやると、実際に時間が余ることが多くなりました。特に、大阪府の公立高校の入試では文章が長く、まわりくどい表現の問題文が含まれる問題が多く出題されるので、その問題の必要な部分を見ることができるようになり、速い速度で解けるようになりました。
「学び合い」でやる気が出た!
三島高校 合格 乾 恭太朗くん(太田中卒)

僕は類塾に入って、勉強方法をたくさん学びました。類塾に入るまでの僕は、勉強の方法が分からず、途方に暮れていました。類塾は僕が思っていた塾の形式とは正反対で、プリントをひたすら解くのではなく、高速音読やみんなで追求する学び合いが中心の形式でした。正直、最初は意味がないと思っていたのですが、半年くらい続けていると、徐々に英語や国語の点数が上がっていきました。特に「学び合い」では、友達とたくさん教え合うことでやる気が出て、たくさん努力することができました。
僕のおすすめの勉強法は、「友達と相談しながら問題を解く」という方法です。この方法をすることで、2つの物事を同時にする能力やコミュニケーション能力などを上げることができます。この方法で大事なことは、「話すこと」「問題を解くこと」を全力ですることです。ぜひやってみてください。

三島高校 合格 乾 恭太朗くん(太田中卒)

僕は類塾に入って、勉強方法をたくさん学びました。類塾に入るまでの僕は、勉強の方法が分からず、途方に暮れていました。類塾は僕が思っていた塾の形式とは正反対で、プリントをひたすら解くのではなく、高速音読やみんなで追求する学び合いが中心の形式でした。正直、最初は意味がないと思っていたのですが、半年くらい続けていると、徐々に英語や国語の点数が上がっていきました。特に「学び合い」では、友達とたくさん教え合うことでやる気が出て、たくさん努力することができました。
僕のおすすめの勉強法は、「友達と相談しながら問題を解く」という方法です。この方法をすることで、2つの物事を同時にする能力やコミュニケーション能力などを上げることができます。この方法で大事なことは、「話すこと」「問題を解くこと」を全力ですることです。ぜひやってみてください。
自習室での学び合い
槻の木高校 合格 溝上 陽介くん(高槻2中卒)

私は類塾で多くのことを学び受験勉強に活用できました。その中で一番良かったことは自習室の利用です。自習室で仲間たちと時間を決めて集まることで、さぼることが無くなり、多くの時間を塾で仲間と過ごすようになりました。1人で勉強するより仲間と勉強した方が楽しいし、「学び合い」や「応答トレーニング」を競争形式でするなどの工夫もできて、とてもはかどりました。また、自習室には家とは違ってゲームやベッドなどの誘惑もないため、勉強に集中することができて、成果につなげられました。高校でも新しくできる仲間たちを自習室に誘い、お互いに高め合いながら成長していきたいと思います。

槻の木高校 合格 溝上 陽介くん(高槻2中卒)

私は類塾で多くのことを学び受験勉強に活用できました。その中で一番良かったことは自習室の利用です。自習室で仲間たちと時間を決めて集まることで、さぼることが無くなり、多くの時間を塾で仲間と過ごすようになりました。1人で勉強するより仲間と勉強した方が楽しいし、「学び合い」や「応答トレーニング」を競争形式でするなどの工夫もできて、とてもはかどりました。また、自習室には家とは違ってゲームやベッドなどの誘惑もないため、勉強に集中することができて、成果につなげられました。高校でも新しくできる仲間たちを自習室に誘い、お互いに高め合いながら成長していきたいと思います。
類塾で学んだ3つのこと
高槻北高校 合格 中西 裕斗くん(阿武山中卒)

私は類塾に入ってから3つのことを学びました。1つ目は、グループで何かをするという大切さです。1人では全く分からない問題でも何人かで協力することによって、解けたり、やり方を分かるまで説明し合ったりするのは楽しく、お互いの能力がどんどん上がっていくことに気づきました。2つ目は科目をどんどん切り替える「5分間集中法」の大切さです。1つの科目を長時間やり続けるよりも短時間で科目を切り替えることで、マックスの集中力を保ち続けることができることを学びました。これをすることで同じ時間勉強したとしても、倍近く質が変わると思います。3つ目は音読です。声を出すことで、自然と次やるときに言葉がどんどん出るようになったり、聞きながらマネをすることで、イメージトレーニングにもなると思いました。この3つは高校でもこなしていきたいと思います。

高槻北高校 合格 中西 裕斗くん(阿武山中卒)

私は類塾に入ってから3つのことを学びました。1つ目は、グループで何かをするという大切さです。1人では全く分からない問題でも何人かで協力することによって、解けたり、やり方を分かるまで説明し合ったりするのは楽しく、お互いの能力がどんどん上がっていくことに気づきました。2つ目は科目をどんどん切り替える「5分間集中法」の大切さです。1つの科目を長時間やり続けるよりも短時間で科目を切り替えることで、マックスの集中力を保ち続けることができることを学びました。これをすることで同じ時間勉強したとしても、倍近く質が変わると思います。3つ目は音読です。声を出すことで、自然と次やるときに言葉がどんどん出るようになったり、聞きながらマネをすることで、イメージトレーニングにもなると思いました。この3つは高校でもこなしていきたいと思います。

バスルート

お電話での資料請求・お問い合わせ

受講料・時間割等の資料をお送りします


0120-117-219

電話受付時間:10時~21時
※来訪受付は14時から(日曜除く)