電話で相談
0120-117-219

0120-117-219
資料請求
お問い合わせ

資料請求

藤井寺駅前学舎

藤井寺駅前学舎の所在地

〒583-0026
藤井寺市春日丘1-1-28 ジェンコビル3F

【自習室完備】【無料送迎バス運行】

お電話での資料請求・お問い合わせ

受講料・時間割等の資料をお送りします


0120-117-219

電話受付時間:10時~21時
※来訪受付は14時から(日曜除く)


                           

【毎日開催】 相談会・説明会のご案内

全学年対象の各種相談会を実施しています。時間帯は以下の通りです。
なお、お電話でのご相談は、いつでもお受けしています。(電話受付時間:10時~21時)

  • 11:0012:00
  • 13:0014:00
  • 15:0016:00
  • 17:0018:00
  • 19:0020:00
 
                               

相談会・説明会に予約する

                             

ご希望の日時をお知らせください。


0120-117-219

電話受付時間:10時~21時


学舎長からのメッセージ | 藤井寺駅前学舎

藤井寺駅前学舎には、藤井寺市全域をはじめ、羽曳野市など幅広い地域から幼児・小中学生たちが通っています。また、羽曳が丘方面には、無料通塾バスも運行しています。

お父さま、お母さまが、まだまだ小さな子供だった頃。そんな懐かしい時代と今では状況が大きく変わりました。人が本来持っていた「人間力」と「追求力」を取り戻さないと、社会で生き残れなくなる時代です。時代の先をよみ、次代を生き抜く力を育成するプログラムが類子屋・類塾にはあります。

遊学舎や幼小科では、多学年の子供たちが全力で外遊びしたり、楽しみながら追求力と人間関係力を醸成していきます。また、頼もしい先輩仕事塾生たちが幼い遊学舎生たちを見守り手助けする場面も見られます。

そして、類塾生がさらにすごいのは、成果をあげるだけでなく、“生き生き主体的に学んでいる”こと。それは、本能を刺激して追求心を喚起する内発型の学びが、子供たちの意欲と追求心を最大限に引き上げるからです。

たとえば“グループ追求”や“学び合い”。流してしまいがちなことも、一緒に考え楽しんでくれる仲間の存在への感謝、その仲間に応える喜び、そんなさまざまな思いがあるからこそ、場が活性化し成果に繋がっています。

入塾相談会では、塾選びや学習の相談はもちろん、子育て相談など、何でもお話しください。他塾の説明会では得られない新たな発見があります!ぜひ一度、お越しください。

スタッフ一同、心よりお待ちしております。

学舎の様子

塾生の主な在籍校

【小学校】

藤井寺小/藤井寺北小/藤井寺南小/藤井寺西小/白鳥小/埴生南小/高鷲南小/道明寺小/道明寺東小/西浦小/志紀小/国分小/四天王寺東小

【中学校】

藤井寺中/藤井寺3中/高鷲中/高鷲南中/埴生学園/河原城中/峰塚中/道明寺中/松原6中

開講コース

■本科
【中学部】
 ・中学本科コース        
 ・学対特訓        
 ・理科・社会    

   

【小学部】(小3〜)        
 ・小学本科コース        
    ---中受特訓
 ※一部、近隣教室への集約となります。

・作文指南通信講座(小3〜中3)    

・公開テスト(小3〜中3)    

■探求科        
・年中〜小3のクラス
・小3〜高校生のクラス    

   

類子屋のコース>
・幼小科(年中〜小3)
・探求科(年中〜)
・3−9遊学舎(年中〜小6)        
・全日制 類学舎(小3〜高3)
・仕事塾(小4〜高3)
・自然百姓塾(年中〜中3)

生徒の声

応答トレーニングというやつの力
金剛高校 合格 藤室 匠斗くん(河原城中卒)

中2で類塾に通い始めた時はあまり良くない成績でしたが、「5分間集中法」や教科書の「高速音読」、「応答トレーニング」をし、中3には成績を上げることができました。この3つの勉強法で僕が1番役に立ったのは応答トレーニングです。僕は結構自習室にいき、仲間と社会などの教科をしていました。応答トレーニングをただするだけではなく、"早い者勝ち″というルールを自分たちで考えてすることで、すごく楽しみながらできました。とても答えるのが早い人がいた時、彼がどのタイミングで答えているかを知り、たくさんある文でもキーワードだけを絞って答えるようにしました。
このように、楽しみながら勉強ができる応答トレーニングが僕の中で一番おすすめする勉強法です。

金剛高校 合格 藤室 匠斗くん(河原城中卒)

中2で類塾に通い始めた時はあまり良くない成績でしたが、「5分間集中法」や教科書の「高速音読」、「応答トレーニング」をし、中3には成績を上げることができました。この3つの勉強法で僕が1番役に立ったのは応答トレーニングです。僕は結構自習室にいき、仲間と社会などの教科をしていました。応答トレーニングをただするだけではなく、"早い者勝ち″というルールを自分たちで考えてすることで、すごく楽しみながらできました。とても答えるのが早い人がいた時、彼がどのタイミングで答えているかを知り、たくさんある文でもキーワードだけを絞って答えるようにしました。
このように、楽しみながら勉強ができる応答トレーニングが僕の中で一番おすすめする勉強法です。
応答トレーニングと学び合い
富田林高校 合格 髙橋 礼くん(藤井3中卒)

僕は、類塾に小学校5年生の頃から在籍し、たくさんのことを学びました。最初は、勉強することが苦手でしたが、勉強することの楽しさを知ってから、勉強することが好きになりました。例えば、「応答トレーニング」を通して、勉強することの楽しさを知りました。友達と問題を出し合うことで、勉強がゲームと同じぐらい楽しくなり、社会のテストの成績が上がることに繋がりました。
また、学び合いの活動を通じて人に問題の説明をしたほうが記憶に残りやすいということを知ったおかげで、人にむかえるようになり、問題をうまく相手に説明できるようになり、学校のテストでも「学び合い」を通して得たことがいかされ、成果につながりました。入学した時に立てた自分の目標の点数よりも高い点数を取ることができました。

富田林高校 合格 髙橋 礼くん(藤井3中卒)

僕は、類塾に小学校5年生の頃から在籍し、たくさんのことを学びました。最初は、勉強することが苦手でしたが、勉強することの楽しさを知ってから、勉強することが好きになりました。例えば、「応答トレーニング」を通して、勉強することの楽しさを知りました。友達と問題を出し合うことで、勉強がゲームと同じぐらい楽しくなり、社会のテストの成績が上がることに繋がりました。
また、学び合いの活動を通じて人に問題の説明をしたほうが記憶に残りやすいということを知ったおかげで、人にむかえるようになり、問題をうまく相手に説明できるようになり、学校のテストでも「学び合い」を通して得たことがいかされ、成果につながりました。入学した時に立てた自分の目標の点数よりも高い点数を取ることができました。
学ぶ上で大切なこと
阪南大学高校 合格 坂本 佳歩さん(はびきの埴生学園卒)

私が類塾で得たことは、2つあります。1つ目は「1人でやろうとせずに仲間と一緒にすること」を大切にすることです。中学1年生の頃の私は、1人で黙々とやるタイプで、人と話すことも全くなく、成績もあまりよくありませんでした。しかし、類塾の仲間と一緒に教え合いながら勉強することで、苦手なところも苦手ではなくなりました。そして受験のときは、周りの友達が苦しんでいる中、仲間と一緒に取り組むことで、私はあまり苦にならずに勉強に取り組むことができました。2つ目は「読んで書くことだけが勉強じゃない」ということです。類塾の学習法の中には、文章を高速で音読する「高速音読」や漢字を大きく体を動かして表現する「漢字体記」があります。恥ずかしいかもしれないけれど、素直な気持ちでやることで、体が覚えるので忘れにくくなりました。どちらも素直でなくてはできないことです。「素直にやってみることが大切なんだ」と類塾に通って思いました。

阪南大学高校 合格 坂本 佳歩さん(はびきの埴生学園卒)

私が類塾で得たことは、2つあります。1つ目は「1人でやろうとせずに仲間と一緒にすること」を大切にすることです。中学1年生の頃の私は、1人で黙々とやるタイプで、人と話すことも全くなく、成績もあまりよくありませんでした。しかし、類塾の仲間と一緒に教え合いながら勉強することで、苦手なところも苦手ではなくなりました。そして受験のときは、周りの友達が苦しんでいる中、仲間と一緒に取り組むことで、私はあまり苦にならずに勉強に取り組むことができました。2つ目は「読んで書くことだけが勉強じゃない」ということです。類塾の学習法の中には、文章を高速で音読する「高速音読」や漢字を大きく体を動かして表現する「漢字体記」があります。恥ずかしいかもしれないけれど、素直な気持ちでやることで、体が覚えるので忘れにくくなりました。どちらも素直でなくてはできないことです。「素直にやってみることが大切なんだ」と類塾に通って思いました。

バスルート

お電話での資料請求・お問い合わせ

受講料・時間割等の資料をお送りします


0120-117-219

電話受付時間:10時~21時
※来訪受付は14時から(日曜除く)