資料請求・お問い合わせ

受講料や時間割などをお届けします

資料請求
お問い合わせ

星田駅前教室

星田駅前教室の所在地

〒576-0016
交野市星田5-14-8

【自習室完備】【無料送迎バス運行】

お電話での資料請求・お問い合わせ

受講料・時間割等の資料をお送りします


072-810-5441

           

電話受付時間:10時~21時
※来訪受付は14時から(日曜除く)


入塾説明+体験会のお知らせ

参加申し込みは教室までご連絡ください。

  • 05/27 (月)
    17:00〜18:00
    5才~小3
    入塾説明会
  • 05/27 (月)
    18:00〜19:00
    5才~小3
    入塾説明会
  • 05/28 (火)
    17:00〜18:00
    小3~中3
    入塾説明会
  • 05/28 (火)
    18:00〜19:00
    小3~中3
    入塾説明会
  • 05/29 (水)
    17:00〜18:00
    小3~中3
    入塾説明会
  • 05/29 (水)
    18:00〜19:00
    小3~中3
    入塾説明会

入塾説明は随時受付しています。ご都合のいい日程を教室までご相談ください。

教室長からのメッセージ | 星田駅前教室

類塾星田駅前教室は、JR星田駅から歩いて2分の好立地にあります。近隣エリアの方以外にも、藤が尾エリアや寝屋川方面などから多数の生徒さんたちに通っていただいています。

<2019入試実績>
・交野3中生、私立公立ともに合格率100%!
⇒四條畷、牧野、大阪市立など、人気校に全員合格!!
・大阪府内私立高校、合格率100%!
・開校初年度の水都国際高校、合格率100%!

<生徒、保護者の皆さまの声>
☆みんなと一緒に音読することで国語が大好きに。最初は全然読めなかった音読も、今ではクラスをひっぱる音読リーダー。すごく成長した!(幼小科保護者さま)

☆「どういうこと?」「これどうする?」とみんなで考えていくのが楽しい。答えが出せたときは「やったー!!」と思わず言ってしまうぐらい嬉しくなる!(小学部生徒)

☆分かって終わり、じゃないのが嬉しい。みんなで追求して、いったん答えがでても、そこで終わりじゃない。まだまだ入り口だし、次は?次は?とワクワクする。学校で習う勉強とそこが一番違う!(探求科生徒)

星田駅前教室の特にすばらしいところは、みんなの仲間意識が強いところです。分からないときには安心して分からないと言える。困っている生徒がいれば助けにいく。自習室では学年や学校の壁を越えて、「学び合い」や自主グループでの追求が活性化している。他塾では、絶対にそんな光景は見られません。

生徒たちの意欲と追求力を引き出し、人間力を鍛え上げていくカリキュラムが類塾にはあります。入塾説明会にて詳しく紹介しておりますので、まずは、ぜひ説明会にご参加下さい!

教室の様子

塾生の主な在籍校

       

【小学校】

星田小/旭小/妙見坂小/藤が尾小/私市小

【中学校】

交野3中/交野4中

開講コース

■幼小科(5才〜小4)【無償】

■探求科(小3〜)【無償】

■本科
【中学部】
 ・中学本科コース(中1〜3)

【小学部】
 ・公立コース(小4〜6)
 ・中受・一貫コース(小3〜6)
  ※一部、近隣教室への集約となります。

   

・作文指南通信講座(小4〜中3)
・理社特訓(小3〜6)
・土曜学対特訓(中1〜3)
・公開テスト(小4〜中3)

生徒の声

四條畷高校(文理)合格  藤川 希実さん(交野3中卒)
勉強は課題。無意識にそう思っていた。難問が出れば、「えー」と不満を言う。これが、ある一種の勉強の礼儀であるように感じていた。

しかしSSSクラスに入って、その考えは塗り変えられる。出題のレベルに圧倒される中、周りの表情を見て、驚いた。楽しそうだった。まるで、ゲームをしているかのように。決してすらすらと解けるから、という訳ではない。難問にどう立ち向かってやろうかと、自分を試しているようだった。

なんとレベルの高い集団なのだろうと思った。単に学力が高いから、ではない。彼らは苦しい状態を楽しいゲームに変える方法を知っているからだ。実際、入試の前であっても教室は笑いにあふれていた。勉強をゲームにすることができたら、もはやそれは苦ではない。そして、ゲームにすることは今からでもできることを忘れないでほしい。

勉強は課題。無意識にそう思っていた。難問が出れば、「えー」と不満を言う。これが、ある一種の勉強の礼儀であるように感じていた。

しかしSSSクラスに入って、その考えは塗り変えられる。出題のレベルに圧倒される中、周りの表情を見て、驚いた。楽しそうだった。まるで、ゲームをしているかのように。決してすらすらと解けるから、という訳ではない。難問にどう立ち向かってやろうかと、自分を試しているようだった。

なんとレベルの高い集団なのだろうと思った。単に学力が高いから、ではない。彼らは苦しい状態を楽しいゲームに変える方法を知っているからだ。実際、入試の前であっても教室は笑いにあふれていた。勉強をゲームにすることができたら、もはやそれは苦ではない。そして、ゲームにすることは今からでもできることを忘れないでほしい。
四條畷高校(文理)合格  小牧 直登くん(交野3中卒)
今までの受験を一言で表すと、ただ「楽しかった」と、それだけです。本当に公立の合格発表の瞬間まで、楽しかった。

僕は、受験勉強はほとんど友人たちと勉強していた。国語の問題演習を一緒に解いたり、数学のテストをしたりと、お互いに勉強し、分からない部分をお互いに教え合った。途中で受験生にも関わらず、受験とは関係のないことまで追求したこともあった。僕は類塾の良いところはここだと思う。僕だけでなく、教室中みんな楽しそうだった。本当に類塾に入って良かった。

これから高校受験をする類塾生たちに伝えたい。「この類塾は本当に受験を楽しんで、勝利を勝ち取ることができる場だ。」と。

今までの受験を一言で表すと、ただ「楽しかった」と、それだけです。本当に公立の合格発表の瞬間まで、楽しかった。

僕は、受験勉強はほとんど友人たちと勉強していた。国語の問題演習を一緒に解いたり、数学のテストをしたりと、お互いに勉強し、分からない部分をお互いに教え合った。途中で受験生にも関わらず、受験とは関係のないことまで追求したこともあった。僕は類塾の良いところはここだと思う。僕だけでなく、教室中みんな楽しそうだった。本当に類塾に入って良かった。

これから高校受験をする類塾生たちに伝えたい。「この類塾は本当に受験を楽しんで、勝利を勝ち取ることができる場だ。」と。
北野高校(文理)合格  馬場 輝星くん(交野3中卒)
絶対に敗けるな。類塾生は一人じゃないから、友達を頼れ。

僕は中1のころから、類塾生だ。入塾当初の公開テストの成績は、偏差値45前後だった。しかし、グラフはほぼ階段状に上がっていった。今振り返るとそれは、友情の深まりと比例していた。学年が変わったころはほぼ安定し、学年の末には急激に伸びる。

類塾では、友情を大切にしている。同じ生徒同士、塾の先生ともだ。こんなこともあった。2月の公開テスト、合格率は29%。普通なら高校を変えるだろう。しかし、僕の周りは温かい人が多い。みんなが励ましてくれた。そして結果は、合格。

これらのことから分かるだろう。類塾生は絶対に負けない。きっと挫折することもあるだろう。そんなときは、こう思えばよい。
「私は、類塾生だ」と。

絶対に敗けるな。類塾生は一人じゃないから、友達を頼れ。

僕は中1のころから、類塾生だ。入塾当初の公開テストの成績は、偏差値45前後だった。しかし、グラフはほぼ階段状に上がっていった。今振り返るとそれは、友情の深まりと比例していた。学年が変わったころはほぼ安定し、学年の末には急激に伸びる。

類塾では、友情を大切にしている。同じ生徒同士、塾の先生ともだ。こんなこともあった。2月の公開テスト、合格率は29%。普通なら高校を変えるだろう。しかし、僕の周りは温かい人が多い。みんなが励ましてくれた。そして結果は、合格。

これらのことから分かるだろう。類塾生は絶対に負けない。きっと挫折することもあるだろう。そんなときは、こう思えばよい。
「私は、類塾生だ」と。

バスルート

お電話での資料請求・お問い合わせ

受講料・時間割等の資料をお送りします


072-810-5441

電話受付時間:10時~21時
※来訪受付は14時から(日曜除く)