資料請求・お問い合わせ

受講料や時間割などをお届けします

資料請求
お問い合わせ

京橋駅前教室

京橋駅前教室の所在地

〒534-0024
大阪市都島区東野田町4-7-23 サンビル京橋2F

【自習室完備】【無料送迎バス運行】

お電話での資料請求・お問い合わせ

受講料・時間割等の資料をお送りします


06-6356-7111

           

電話受付時間:10時~21時
※来訪受付は14時から(日曜除く)


入塾説明会のお知らせ

資料請求・お問い合わせフォーム、またはお電話でお申し込みください。前日、または当日のご予約については、お電話でお問い合わせください。

    日程は教室までお問い合わせください

    教室長からのメッセージ | 京橋駅前教室

    京橋駅前教室には、地元の桜宮中、北稜中、蒲生中、城陽中エリアをはじめ、広域から通塾してくれています。集約SSSクラス、国立・公立・私立中の合格を目指す中受・一貫コースも設置し、教科の枠にとらわれないで、とことん追求できる場と仲間たちのなかで、生徒たちはぐんぐん伸びています。

    今春の入試でも、高校受験では東大寺、西大和、清風南海といった難関私学に全員合格をはじめ、北野、大手前、高津、四條畷、春日丘、住吉、清水谷、東高校などの人気公立高校、中学受験では附属天王寺・平野、函館ラサール、清風、関大北陽、履正社豊中、追手門などの合格を勝ちとってくれました。

    京橋駅前教室で学んだ生徒たちは、こんな風に言ってくれています。
    「探求科で、1人では見つけることのできない答えを、仲間と意見を交わしながら、見つけ出すことの楽しみを知った。探求科で培った追求力と伝える力は、入試でも大きな力となった。」

    「自分が東大寺に合格できたのは、高速音読のおかげ。一つひとつの言葉にとらわれることなく、文章全体で意味を掴めるようになった。」

    「集中力が上がり、頭と気持ちの切り替えが上手くできるようになった。そのきっかけは、5分間勉強法。家でも実践することで、集中力が上がり、以前よりも長い時間集中できるようになった。入試本番でも、問題ごとに頭の切り替えが上手くできた。」

    「自分が大手前高校に合格できたのは、学び合いを通じて、多彩な頭の使い方を身につけられたから。高校でも、学び合いができる友達を見つけて、続けていきたい。」

    「私が高津高校に合格できたのは、類塾という場で、仲間と楽しみながら入試に立ち向かっていけたから。類塾には、支えてくれる人たちがいる。」

    類塾生がいきいきと学んでいる場を、実際に保護者の方にも、見学・体験していただけます。また、教育相談もさせていただけます。ぜひ、教室にご相談ください。

    教室の様子

    塾生の主な在籍校

         

    【小学校】

    桜宮小/中野小/鴫野小/堀川小/滝川小/聖賢小/東都島小/榎並小/高倉小/今津小/諏訪小/新森小/関目東小/城東小/西天満小/西船場小/中大江小/附属天王寺小

    【中学校】

    桜宮中/都島中/蒲生中/北稜中/天満中/城陽中/鯰江中/放出中/本庄中/友渕中/菫中/旭東中/東中/梅香中/淀川中/新豊崎中/今市中/八雲中/大久保中/住道中/四條畷学園中/近大附中/同志社国際中/咲くやこの花中/附属天王寺中

     

    開講コース

    ■幼小科(5才〜小3)【無償】

    ■探求科(5才〜)【無償】

    ■仕事塾(小4〜高3)【無償】

    ■本科
    【中学部】
     ・中学本科コース(中1〜3)

    【小学部】
     ・公立コース(小4〜6)
     ・中受・一貫コース(小3〜6)
      ※一部、近隣教室への集約となります。

       

    ・作文指南通信講座(小4〜中3)
    ・理社特訓(小3〜中3)
    ・土曜学対特訓(中1〜3)
    ・公開テスト(小4〜中3)

    生徒の声

    東大寺学園高校合格 河本 理来くん(淀川中卒)
    私が合格できたのは、偏に高速音読のおかげだと思う。
    英語では、高速音読をすることで英語脳が作られ、長文では英文一つひとつに囚われることなく文章全体で意味を掴むことができるようになった。その他にも、音読の結果、いろいろな英文が頭に定着したので語順などで迷うことがなくなり、また、表現の幅も増えたので東大寺学園の難しい英作文にも対応することができた。そして、音声を聞きながら音読していたので、英語の正しい発音やリズム、アクセントが定着し、リスニングもしっかりと聞こえるようになった。
    国語では、今まではその言葉の意味しか捉えられていなかったけれど、音読をすることで黙読中も頭の中に音声が流れ、そこに書かれていない抑揚や間などが分かるようになった。そのため登場人物の心情などが伝わってくるので、一つひとつの語句に囚われることなく文章の意味が分かるようになった。
    このような高速音読法を身に付けたい人には、ぜひ類塾に入ることをすすめる。

    私が合格できたのは、偏に高速音読のおかげだと思う。
    英語では、高速音読をすることで英語脳が作られ、長文では英文一つひとつに囚われることなく文章全体で意味を掴むことができるようになった。その他にも、音読の結果、いろいろな英文が頭に定着したので語順などで迷うことがなくなり、また、表現の幅も増えたので東大寺学園の難しい英作文にも対応することができた。そして、音声を聞きながら音読していたので、英語の正しい発音やリズム、アクセントが定着し、リスニングもしっかりと聞こえるようになった。
    国語では、今まではその言葉の意味しか捉えられていなかったけれど、音読をすることで黙読中も頭の中に音声が流れ、そこに書かれていない抑揚や間などが分かるようになった。そのため登場人物の心情などが伝わってくるので、一つひとつの語句に囚われることなく文章の意味が分かるようになった。
    このような高速音読法を身に付けたい人には、ぜひ類塾に入ることをすすめる。
    清水谷高校(普通)合格 東良里梨さん(友渕中卒)
    私は、2年生の春期講習から1年間、探求科を受講していた。探求を通して学んだことは大きく二つある。
    一つ目は、仲間と追求することの大切さだ。探求科では答えのない難しい問題をテーマに追求をする。一人では見つけることのできない答えも、仲間と自分の意見を交わし追求することにより、見つけ出すことができる。また、探求科では普段の授業と違いさまざまな学年の人と追求することができるので、いろいろな意見が生まれとても楽しかった。
    二つ目は、自分の意見を周りに伝えることだ。私は、グループの意見を代表して発表することが多かった。グループ内で出た意見を、周りの人に分かりやすく伝わるよう工夫をし、発表することができた。
    私が類塾で学んだ「追求力」「伝える力」は受験勉強を乗り切るにあたってとても大きな力となった。仲間と追求し成長することができた探求科は、私にとって大切な経験だ。

    私は、2年生の春期講習から1年間、探求科を受講していた。探求を通して学んだことは大きく二つある。
    一つ目は、仲間と追求することの大切さだ。探求科では答えのない難しい問題をテーマに追求をする。一人では見つけることのできない答えも、仲間と自分の意見を交わし追求することにより、見つけ出すことができる。また、探求科では普段の授業と違いさまざまな学年の人と追求することができるので、いろいろな意見が生まれとても楽しかった。
    二つ目は、自分の意見を周りに伝えることだ。私は、グループの意見を代表して発表することが多かった。グループ内で出た意見を、周りの人に分かりやすく伝わるよう工夫をし、発表することができた。
    私が類塾で学んだ「追求力」「伝える力」は受験勉強を乗り切るにあたってとても大きな力となった。仲間と追求し成長することができた探求科は、私にとって大切な経験だ。
    寝屋川高校(普通)合格 山田和平くん(桜宮中卒)
    僕は3年生の春に同級生に誘われて初めて類塾の階段を登りました。そこから始まった類塾ライフは僕のこれまでの勉強や塾に対する概念を覆し、志望校合格への道を切り開いてくれました。
    そんな僕の1年間の類塾ライフの中で一番重要なファクターを占めたのはやはり「自習室」と、そこで共に過ごした「仲間」の存在です。学校が終わると自分でつめた弁当を担いで3人で自習室へというのが入試や試験前のサイクルでした。分からない問題の解法を先生や解答解説に頼るのではなくまずは友達と教え合う。そういった同じ目線での「学び合い」のなかではやはり自分一人では気付けなかったことを発見できたり、どうすればより伝わるかと考える内に自分の考えをもっと昇華できたりとさまざまな気付きで得られることができました。
    皆さんも是非、類塾の良いところ、役に立つところをフル活用して、笑ってこの作文を書けるように頑張ってください。

    僕は3年生の春に同級生に誘われて初めて類塾の階段を登りました。そこから始まった類塾ライフは僕のこれまでの勉強や塾に対する概念を覆し、志望校合格への道を切り開いてくれました。
    そんな僕の1年間の類塾ライフの中で一番重要なファクターを占めたのはやはり「自習室」と、そこで共に過ごした「仲間」の存在です。学校が終わると自分でつめた弁当を担いで3人で自習室へというのが入試や試験前のサイクルでした。分からない問題の解法を先生や解答解説に頼るのではなくまずは友達と教え合う。そういった同じ目線での「学び合い」のなかではやはり自分一人では気付けなかったことを発見できたり、どうすればより伝わるかと考える内に自分の考えをもっと昇華できたりとさまざまな気付きで得られることができました。
    皆さんも是非、類塾の良いところ、役に立つところをフル活用して、笑ってこの作文を書けるように頑張ってください。

    バスルート

    お電話での資料請求・お問い合わせ

    受講料・時間割等の資料をお送りします


    06-6356-7111

    電話受付時間:10時~21時
    ※来訪受付は14時から(日曜除く)