資料請求・お問い合わせ

受講料や時間割などをお届けします

資料請求
お問い合わせ

千里中央教室

千里中央教室の所在地

〒560-0081
豊中市新千里北町3-1-4

【自習室完備】【無料送迎バス運行】

お電話での資料請求・お問い合わせ

受講料・時間割等の資料をお送りします


06-6871-1921

受付時間:14時~21時(日曜除く)


入塾説明+体験会のお知らせ

参加申し込みは教室までご連絡ください。

  • 03/26 (火)
    19:20〜20:20
    中学生:本科・探求科
  • 03/26 (火)
    17:00〜18:00
    小学生:本科・探求科(小4~)
  • 03/26 (火)
    18:30〜19:30
    中学生:本科・探求科
  • 04/01 (月)
    16:00〜17:00
    幼小科(5才~小4)
  • 04/01 (月)
    17:50〜18:50
    小学生:幼小科(~小4)
  • 04/02 (火)
    14:00〜15:00
    幼小科(5才~小4)
  • 04/02 (火)
    18:30〜19:30
    中学生:本科・探求科
  • 04/06 (土)
    14:00〜15:00
    全学年共通
  • 04/06 (土)
    18:00〜19:00
    本科・探求科(小4~中3)

入塾説明は随時受付しています。ご都合のいい日程を教室までご相談ください。

教室長からのメッセージ | 千里中央教室

保護者の方とお話しする中で、職場のお話を伺うことがあります。
「言われたことしかできない人材ばかり」
「すぐにどうすればいいですか?と聞いてきて自分で考えようとしない」
「何のための資料なのか、何のための会議なのかという根本的なところをまったく考えていない」
「そもそも覇気がない」
【意欲】【主体性】【追求力】の低下を問題視されている保護者の方が非常に多いです。

このような人材を生み出し続けてきた原因は、まぎれもなく学校や塾の教育にあります。
決まりきった答えや手法の暗記を強要し、そのためにテストや内申で危機感を煽る、その結果として自分第一・成績第一・点数をとるための暗記勉強に知らず知らずのうちに追い込まれていってしまうのです。

その上、2020年の大学入試改革からは、ペーパーテストの比重が従来の3分の1となり、「答えのない問題に対する追求力」「人間性」が問われることになります。当然、「あなたはどう思いますか?」というような問いが中心になってきます。
にも関わらず、旧来の知識を詰め込む教育を続けていたら、どこかで聞いたことのあるような面白みのない回答に終始することになってしまいます。
「追求力はあとでも身につく」「追求するには知識が必要」というのはまたくの誤魔化しです。暗記脳になってしまったらもう手遅れで、将来にわたって苦しむことになるのは子供たちなのです。

類塾の生徒たちは、仲間とともに未知のものを追求する力、みんなの意欲を引き出す力、困難に立ち向かう力、レールをひかれなくても自ら突破して行く力を身につけていきます。

説明会も行っておりますので、具体的な類塾の取り組みの中身なども詳しくお話させていただきます。
スタッフ一同、心よりお待ちしております。

教室の様子

塾生の主な在籍校

【小学校】

西丘小/東丘小/青山台小/萱野小/北丘小/藤白台小/大教大附属池田小/古江台小/箕面自由学園小/少路小/箕面中小

【中学校】

豊中8中/豊中9中/青山台中/箕面5中/古江台中

開講コース

■幼小科(5才〜小4)【無償】

■探求科(小4〜)【無償】

■本科
【小学部(小4〜6)】
 ・公立コース
 ・中受・一貫コース

【中学部(中1〜3)】
 ・中学本科コース

   

・作文指南通信講座(小4〜中3)
・理社特訓(小4〜6)
・土曜学対特訓(中1〜3)
・公開テスト(小4〜中3)

当教室ではこちらも開講

SSS文理クラス(中3)

生徒の声

豊中高校(文理)合格 小田 華音さん(豊中9中卒)
受験に対する焦りや不安が圧倒的に少ない。それが、入試直前に感じた類塾生と他塾生の一番の違いでした。しかし、それは単に入試のみに焦点を当てた見方であり、根本的な違いはもっと別にある、と私は考えています。中でも顕著な違いは勉強に対する意識や印象ではないでしょうか。
私は自主グループに所属していて、週1回皆で集まって自習をしていました。そこでやっていた内容は確かに自習だったのですが、いつもどこか遊びの延長線上にあるようでもあり「楽しみながら学ぶ」という意識が常に根底にありました。そしてそれこそが、勉強に対する考え方の大きな違いの正体と呼べるものではないかと思います。

受験に対する焦りや不安が少なかったのも、結局その過程を楽しめていたからではないか、というのが今の私の考えです。どうせやるなら、過程を少しでも楽しんでみてください。そうすれば、必ず素晴らしい経験と成果を得られるはずです!

受験に対する焦りや不安が圧倒的に少ない。それが、入試直前に感じた類塾生と他塾生の一番の違いでした。しかし、それは単に入試のみに焦点を当てた見方であり、根本的な違いはもっと別にある、と私は考えています。中でも顕著な違いは勉強に対する意識や印象ではないでしょうか。
私は自主グループに所属していて、週1回皆で集まって自習をしていました。そこでやっていた内容は確かに自習だったのですが、いつもどこか遊びの延長線上にあるようでもあり「楽しみながら学ぶ」という意識が常に根底にありました。そしてそれこそが、勉強に対する考え方の大きな違いの正体と呼べるものではないかと思います。

受験に対する焦りや不安が少なかったのも、結局その過程を楽しめていたからではないか、というのが今の私の考えです。どうせやるなら、過程を少しでも楽しんでみてください。そうすれば、必ず素晴らしい経験と成果を得られるはずです!
北野高校(文理)合格 葉里 綾音さん (古江台中卒)
私は類塾で仲間や先生がいたからこそ成長できたと思います。

私は類塾に入るまで、勉強は一人で集中してするものだと思っていました。しかし、類塾に入って、勉強は仲間とするものだと強く実感しました。仲間は私に物事の新しい見方や考え方を与えてくれました。私はそのおかげで、これまで答えのみを重視する思考から、考え方を重視する新しい思考に転換することができました。そのことは、私の視野を広げてこれまでになかった新しい発見を見出すことにつながりました。

仲間とはお互いを比べて、優劣をつけられるような存在ではなく、お互いの良い所や悪いところを全て理解し、お互いの能力を高めあえるような存在だと強く実感しました。また、仲間は私の精神的な支えとなりました。先生はしょうもないことや、悩みなどを私と同じ目線で全て聞いてくれ、私を支えてくれました。私は類塾に入り、大好きな仲間と先生に出会えて心から良かったと思います。

私は類塾で仲間や先生がいたからこそ成長できたと思います。

私は類塾に入るまで、勉強は一人で集中してするものだと思っていました。しかし、類塾に入って、勉強は仲間とするものだと強く実感しました。仲間は私に物事の新しい見方や考え方を与えてくれました。私はそのおかげで、これまで答えのみを重視する思考から、考え方を重視する新しい思考に転換することができました。そのことは、私の視野を広げてこれまでになかった新しい発見を見出すことにつながりました。

仲間とはお互いを比べて、優劣をつけられるような存在ではなく、お互いの良い所や悪いところを全て理解し、お互いの能力を高めあえるような存在だと強く実感しました。また、仲間は私の精神的な支えとなりました。先生はしょうもないことや、悩みなどを私と同じ目線で全て聞いてくれ、私を支えてくれました。私は類塾に入り、大好きな仲間と先生に出会えて心から良かったと思います。
北千里高校(普通)合格 岩井 紗良さん(豊中8中卒)
ただ志望校を決めてそこに向かって勉強するのが受験生だと思っていたが、全然違いました。私たちは3人組の自習グループを作り、休日も塾に住んでいるかのように毎日勉強しました。
しかし、志望校を決めるとき学校の先生に強い反対と怖い脅しを受けました。このとき、もしあの3人組自習グループがいなかったら志望校を変えていたと思います。一緒に不安になったり強がったり分からない問題は討論のように話し合って解き、無事に自分の行きたかった高校に合格することができました。
だから、遠慮せずに分からない問題について話し合え、同じ気持ちになって不安に思ったり、笑えたりできる友達がとても大切だと思います。一人で悩まず皆で楽しく勉強しよう!というやり方は多分類塾ぐらいです。そして学校の先生が言ったことを真に受け止めないでくださいね。類塾の先生の方が正しいと思います!

ただ志望校を決めてそこに向かって勉強するのが受験生だと思っていたが、全然違いました。私たちは3人組の自習グループを作り、休日も塾に住んでいるかのように毎日勉強しました。
しかし、志望校を決めるとき学校の先生に強い反対と怖い脅しを受けました。このとき、もしあの3人組自習グループがいなかったら志望校を変えていたと思います。一緒に不安になったり強がったり分からない問題は討論のように話し合って解き、無事に自分の行きたかった高校に合格することができました。
だから、遠慮せずに分からない問題について話し合え、同じ気持ちになって不安に思ったり、笑えたりできる友達がとても大切だと思います。一人で悩まず皆で楽しく勉強しよう!というやり方は多分類塾ぐらいです。そして学校の先生が言ったことを真に受け止めないでくださいね。類塾の先生の方が正しいと思います!

バスルート

※学校便(小学校から類塾までの直行バス)のルートは教室までお問い合わせください。

お電話での資料請求・お問い合わせ

受講料・時間割等の資料をお送りします


06-6871-1921

受付時間:14時~21時(日曜除く)