資料請求・お問い合わせ

受講料や時間割などをお届けします

資料請求
お問い合わせ

類塾の最強勉強法(動画)

追求心を喚起して成績を上げる

子供たちの活力ダウン→集中力ダウンは下記の構造です。この状況では、詰め込んでも成績は上がりません。
突破口は最強勉強法。多彩な頭の使い方で本能を刺激し、意欲と追求心を喚起していきます。

高速音読法

潜在思念を解放して言語能力UP「高速音読法」

人類が言語機能を発達させてきた方法は、「聞いて、真似して、声に出して吸収する」。実際、赤ん坊は、周りと一体化しようと、ひたすら聞いて、真似して、声に出して言葉を吸収してゆきます。

音読することで、潜在思念を作動させ、言葉に繋ぐ

声を聞くと、外圧を捉えるアンテナが作動し、 リズムや抑揚、間など、聞こえてくる声の全てから意味を掴もうとします。 さらに、 自ら声に出すことで、感情まで表現することができます。

潜在思念で掴むしかない状態を作り出すのが「高速音読」

多人数で音読すれば、一体充足も加わって、ほぼ言葉の吸収構造そのものに近づき、さらに潜在思念と繋がりやすくなります。最も有効なのは「高速音読」で、限界までスピードを上げること。すると、「理解したい」「覚えたい」という邪心は消えて、もっぱら潜在思念で掴むしかない状態になります。それこそがスピードを上げて長文読解に勝つ最強の勉強法です。

生徒の声文章の意味がさっと掴める。答えに迷わない

黙読中も頭の中に音声が流れ、抑揚や間などが分かるようになった。その結果、英語も国語も、長文を読むときに一つひとつの語句に囚われることなく意味を掴めるように。また、英語の語順問題では、英文が頭に定着しているから答えを迷わない!英作文では、表現の幅が増え、難関私学の英作文にも対応できた。日々の高速音読効果を受験でも実感!(東大寺学園高校合格 男子)

国語の授業を【動画】で紹介

5分間勉強法

頭の切り替えでスピード3倍「5分間勉強法」

最大のパフォーマンスが得られる集中力は5分が限界。それ以上、 同じ作業を続けていると集中力がどんどん下がっていきます。従って、5分ごとに脳に新しい刺激を与えるのが、集中力を維持する最も有効な方法です。それが、5分ごとに課題を切り替える「5分間勉強法」です。 とりわけ、頭の使い方が全く異なる音読を挟み込むことで、さらに大きな効果が得られます。

自宅学習にもオススメの最強勉強法!

5分間勉強法は、小・中・高と公立に通いながら現役でハーバード大学に合格し、ついにそのハーバード大学を首席で卒業したある女子生徒の勉強法です。
限界まで頭を集中させてスピードを3倍に上昇させ、最小時間で成績を上げるこの勉強法は、自宅学習でも高い集中力を維持できる最強の勉強法です。

生徒の声スピードを上げた方が、問題の幹が掴める!

設問を理解しようと何度も読み直し、最後まで解けないこともあったが、スピード感覚が身に付き、数学の問題文が一発で理解できるようになった!(北野高校合格 女子)

分からないと頭が真っ白になっていたが、「5分間勉強法」で、気持ちの切り替えが早くなった。時間配分の感覚も身に付き合格に繋がった!(高津高校合格 男子)

学び合い

アウトプットで発信力と脳を鍛える「学び合い」

単に、自分が「解けた!」では不充分。学びの最終目標は、誰かに教えて相手に分かってもらえること。
自分で勉強する際の「分かった」は、インプット=暗記回路しか使いませんが、相手に分かってもらうには、「どうする?」に頭を使うので、アウトプット思考が鍛えられます。
また、相手に分かってもらおうと試行錯誤する中で、「分かった」と思っていた問題も、さらに理解を深めていくことができます。

「分からない」と声をあげることが活性化の鍵

解けた人も誰かに分かってもらえて○なので、教室中を動き回って教える空間ができ上がります。まだ解けない人も、教えに来てくれる仲間の期待に応えて何とか分かろうとするので、集中していない生徒が誰一人いない、「学び合い」の空間が形成されます。

生徒の声「分かったつもり」を脱出!

相手に説明できない。これが成績に波がある原因。知識は使って初めて本当の意味で得ることができる!と“発信”を意識したことで「分かったつもり」を脱出!得意科目がさらに得意になった!(豊中高校合格 女子)

入試当日、難しい問題を前に気持ちが焦ったとき、一人で詰め込んだものは出て来ず、友だちと楽しみながら覚えたものだけがしっかり思い出せた! (茨木高校合格 女子)

最強勉強法の本科コース