ホーム > 類塾のコース
    類塾ネット

類塾のコース

本科

本科:類塾最強勉強法

類塾の最強勉強法とは

封鎖された言語能力を開く切り札
潜在意識を作動させる

高速音読法

人類が言語機能を発達させてきた方法は、「聞いて、真似して、声に出して吸収する」。実際、赤ん坊は、周りと一体化しようと、ひたすら聞いて、真似して、声に出して言葉を吸収してゆきます。

音読することで、潜在思念を作動させ、言葉に繋ぐ

声を聞くと、外圧を捉えるアンテナが作動し、 リズムや抑揚、間など、 聞こえてくる声の全てから意味を掴もうとします。 さらに、 自ら声に出すことで、感情まで表現することができます。

潜在思念で掴むしかない状態を作り出すのが「高速音読」

多人数で音読すれば、一体充足も加わって、ほぼ言葉の吸収構造そのものに近づき、さらに潜在思念と繋がりやすくなります。最も有効なのは「高速音読」で、限界までスピードを上げること。すると、「理解したい」「覚えたい」という邪心は消えて、もっぱら潜在思念で掴むしかない状態になります。それこそがスピードを上げて長文読解に勝つ最強の勉強法です。

リスニングがゆっくりに聴こえた

徹底的に音読に取り組んだから、苦手だったリスニングがかなりゆっくりに聴こえて余裕だった。だから、焦らなくなった!結果、英語の成績が伸びて、2学期中間テストで、自己ベスト更新も実現。(中3女子)

音読効果で、理科100点!

音読をテスト勉強で導入して、1学期期末で理科満点の成果を出しました! (中1男子)

集中力とスピードが3倍
5分毎に脳に新しい刺激を与える

5分間勉強法

集中力3倍、定着力3倍の「5分間勉強法」

最大のパフォーマンスが得られる集中力は5分が限界。それ以上、 同じ作業を続けていると集中力がどんどん下がっていきます。従って、5分ごとに脳に新しい刺激を与えるのが、集中力を維持する最も有効な方法です。それが、5分ごとに科目を切り替える「5分間勉強法」です。 とりわけ、頭の使い方が全く異なる音読を挟み込むことで、さらに大きな効果が得られます。

気持ちを早く切り替えられる!焦らないから、成果に繋がる

テストのときに、1問にこだわって考え続けてしまったり、分からないと頭が真っ白になったりしていた。けれど、5分間勉強法に取り組んだことで、今回のテストでは、「テスト時間は30分。この1問にかけられる時間は?では、この設問は1分で理解しよう!」とスピードを意識できた。序盤で分からない問題に出くわしたときも、「5分集中してわからなかったから飛ばす!」と気持ちを切り替えられた。そのおかげで、どの問題も未練なく取り組むことができ、成果に繋がった!(中3女子)

忙しい人にもオススメ! 自宅学習にもぴったり!

外部のクラブチームで忙しい本人は、学校の休み時間にも、家での勉強でも、「とにかく5分間集中!」と5分間勉強法をとことん実践しています。 実際、私自身も仕事をしていて、「集中力は長くは絶対に続かない」という実感があるので、短時間で細かく区切る勉強法は絶対にいいと思います。 (中1生母)

集中力がずっと続く 覚えられる量も増える

5分間勉強法で進めていくと、4時間ぶっ通しでも集中力が続く!(中3女子)
「5分と思えば、勉強に取り組む腰も軽くなる」「集中してやる分、覚えられる量が増えた」などの声も多数!

文字面で理解して終わりではない。相手に説明して
分かってもらえて本当に理解できたことになる

学び合い

アウトプット思考を鍛える

 単に、自分が「解けた!」では不充分。学びの最終目標は、誰かに教えて相手に分かってもらえること。
 自分で勉強する際の「分かった」は、インプット=暗記回路しか使いませんが、相手に分かってもらうには、「どうする?」に頭を使うので、アウトプット思考が鍛えられます。
 また、相手に分かってもらおうと試行錯誤する中で、「分かった」と思っていた問題も、さらに理解を深めていくことができます。

「分からない」と声をあげることが活性化の鍵

 解けた人も誰かに分かってもらえて○なので、教室中を動き回って教える空間ができ上がります。まだ解けない人も、教えに来てくれる仲間の期待に応えて何とか分かろうとするので、集中していない生徒が誰一人いない、「学び合い」の空間が形成されます。

仲間と自習室で学び合いを実践。お互いに自己ベスト更新!

テスト勉強を個人課題にするのをやめて、友達と一緒に自習室に通って学び合いを実践。相手の説明が「分からない」というときは、それをしっかり伝えて、理解不足を突っ込み合うようにした。そしたら、2学期中間テストで2人そろって自己ベストを更新!2人とも成果を出せたのがうれしい!(中1男子)

記憶の定着率は、講義や演習では10%未満なのに対して、議論をすれば50%、他者に学んだことを教えると90%まで上昇します。つまり、講義と演習は最も非効率な方法で、「人に教える」をはじめ、みんなで追求する学びこそ、最も効率的な学習方法なのです。

類塾の新しい取り組み

天才教室

※潜在力テストと面談で、お子さまの可能性を判断させていただきます。

「志」も、人間力も、追求力も、お金では買えないもの

それを与え育てるのが、5才〜小4の幼小科と小・中・高の探求科。それは本来無償で贈与すべきもの。 そこで、市場経済から贈与経済への移行期にあたり、類塾は「幼小科」と「探求科」を広く無償で贈与します。

天才とは追求力を失わない人。凡人とは追求力を失ってしまった人

 だとすると、追求心の塊である赤ん坊はみんな天才。その追求心が「あれはダメ、これはダメ」「勉強しなさい」等の強制圧力と封鎖観念によって封印され、しだいに凡人に成ってゆきます。
 逆に言えば、封鎖観念から脱却できさえすれば、誰でも天才になれます。それを実現するのが、「何?何で?」をとことんみんなで追求する類塾のグループ追求です。

成績が上がらないのは、意欲がわかないから。志がないから

 子供たちの意識の深層では、勉強に対する得体の知れない拒絶反応が生起しており、その拒絶反応が日に日に強くなっています。また、「やりたいことがない」という意識も顕在化し、これも日に日に大きくなっています。しかし、この「役に立たない」という拒絶意識の奥には、「もっと役に立つことをしたい」という欠乏が潜んでおり、「やりたいことがない」という閉塞意識の奥には、「やりたいことを見つけたい」という欠乏が潜んでいます。そして、それらの欠乏の底流には、私権を脱して人類本来の仲間充足や追求充足に向かう大潮流があります。
 その実現に向けて、「やるべきこと」に気付かせ、使命感と追求心を育むことが肝要で、それこそが成績を上げる最強の勝ち筋になります。

天才教室 「幼小科」お金では買えない才能=「根幹能力」

天才教室

「何?」「何で?」を仲間と生き生き追求
根幹能力を鍛えるメニューで追求心・追求力を育む

 赤ん坊が誰にも教えられることなく言葉を吸収したように、子供は元来、天才です。ところが、学校に入ると、一気に追求心を失ってゆきます。それは、ひたすら文字を見て覚える勉強が、文字脳や公式脳を形成し、対象に対する同化力や追求力が封鎖されてしまうからです。天賦の才を失わせることなく、言語能力や算数脳の根幹部を鍛えるには、仲間と一緒に「遊び」に没頭するのが一番。 幼小科で仲間と一緒に追求し、「何?何で?」を喚起させることで、勉強や追求を楽しいものへと導いていきます。

〜 保護者様の声 〜

「類塾は考える力をつけてくれる」

「加減乗除を絵で描く」メニューで、文章を聞いて絵に描くということは、「すごいな」と思いました。プリント式の塾に長く通わせていた姉は計算は確かに速いですが、考える力は極端に弱く、すぐにミスします。それに比べ、プリント式の塾には行かず類塾に通った弟は、計算スピードは確かに姉には劣りますが、考える力が目に見えて違うんです。本当に類塾に通わせていて良かった!(小3・小1生の保護者さまより)

根幹能力育成メニューとは

類式算数

 数字も、引き算も、割り算も、図形も、それを使う必要は身近な生活の中にあります。そして、「割る」等の必要性とその意味を、どれだけ身近な具体例の中で理解できているか(≒言葉で説明できるか)が、算数脳の根幹部を規定しています。

類式国語

 赤ちゃんが言葉を覚える過程からも明らかなように、言語能力の根幹部は、「聴く→真似る→話す」ことによって形成されます。つまり、話し言葉のやり取りです。国語は、以下のメニューで根幹部から言語能力を育成してゆきます。

【メニュー紹介】創作文チャレンジ
4分で詩を書く

  1. 「手のひらを走る水」という文章を1分で2回音読
  2. 演習問題を講師が口頭で出題し、解答を考える
  3. もう一度みんなで音読し、解答を見直す
  4. 発展問題:「水」をテーマに4分で詩を書く
    高速音読を2回繰り返して、スタート!

「水」 小3男子

山で育った水の小さな小さな川があった
つめたくとうめいでとてもきれいだった
木の中で育って生まれたのだろう
どくや生き物たちを見てきたのだろう
自然にかこまれてきたのだろう
いろいろなものと出会ったのだろう
その水はとってもおいしかった

4分で、こんなに豊かな文章が書けるんです!

天才教室「探求科」お金では買えない「志」と「追求心」

天才教室

森羅万象を追求して、何が起きても生きてゆく力を獲得する
生きる目標は?
やりたいことではなく、やるべきことを見つける

 現実の仕事の世界や社会の生々しい現象を題材にして、その現象の背後の構造を追求することで、追求心に火をつけると共に、本物の意欲(生きる目的や使命や志)を生成してゆきます。

 生物史・サル人類史・文明史(国家の成立と市場の成立)・日本史を追求し構造化することで、本物の追求力と構造認識が肉体化され、AO入試にも対応できる力が身についてゆきます。

 平常授業に加え、隔週で、「特別講座」として小学生〜社会人が集う実現塾に参加し、大学でも教えてくれない最先端の事実を追求していきます。

社会人との特別講座にも参加できる!

隔週、小学生から社会人が集い、最先端の社会状況や意識潮流、その背後にある社会構造や意識構造を、本気で追求していく「特別講座」に参加できます。

追求テーマ例

  • 30年後の社会を予測する
  • 何を目標に生きるべきか?
  • 活力・意欲を上げるにはどうする?
  • 言語能力を引き上げるには?→文字だけの視覚脳から聴覚脳への転換
  • 国家の成り立ちと仕組み、市場の成り立ちと仕組み
  • 社会で(とりわけ職場で)求められる能力は?

現実課題を本格追求。発想力や仲間をまとめる力を身に付ける

グループ追求

 正解のない現実の問題をテーマに、各人が3分間考えてノートに書き、その後読み合わせて互いの考えを共有。それを切り口に、「何で?」「どうする?」をグループでとことん追求。
 類塾のグループ追求は10分ごとの小さな設問で構成され、次第に本格的な追求に迫っていきます。生徒は3〜4問の次第に深まっていく答えを次々と追求していくことで、豊かな発想力や仲間をまとめる力など、社会で求められる能力や知識を身に付けてゆきます。

資料請求・お問合せ
ページの先頭に戻る