資料請求・お問い合わせ

受講料や時間割などをお届けします

資料請求
お問い合わせ

【天才だより】幼小科で『比』!?なぜ幼少期にこのメニューをやるのか?

【天才だより】幼小科で『比』!?なぜ幼少期にこのメニューをやるのか?

幼小科では毎月、5才から小学校低学年のご家庭に必要な教育情報を、保護者のみなさまにお伝えしています。

公式をただ暗記して解くことができるという手法だけでは、今後どの教科でも通用しません。もちろん、社会で生きていく上でも同様です。常に自ら考え、決断し、行動していくことが求められます。その力を身に付けるために、幼小科のメニューがあります。

今月の「天才だより」は、幼小科のメニュー内容や身に付く力・意図と合わせて子供たちの成果品を紹介します!

特によく驚かれるメニューは『比』!

◆比の感覚を身に付けよう♪
日常にある身の回りの物を使って比の感覚を身に付けるメニューです。
これからの算数や数学の問題を解く時にももちろん大切ですが、それだけではありません。比は「2つのことを比べて物事を考える」「比較して、物事を捉える」という思考を鍛えるのです。物事には必ず二面性があります。そしてそれぞれに理由や背景があります。こうした着眼点で物事を捉えて考え、表現することは社会で生きていく上で必要なことなのです。

だからこそ、幼小科のときに、しっかり身につけておきたい感覚です!

他にも
◆みんなで1つの絵を完成させよう→照準力、役割を見いだし行動していく。伝える力。
◆「我輩は猫である」を聴いてイメージしてみよう→自分の絵だけではなく、友達の絵からも内容を深め、視野や思考の幅をどんどん広げていけるのが類塾の強み。

のメニューも掲載していますのでぜひご覧ください。(下の画像をクリックするとpdfでご覧いただけます)

仲間たちとメニューに取り組む中で子供たちは大人の想像を遥かに超える成長を見せてくれています!
そんな幼小科生たちが、本科に上がったとき、高校生、大学生になったとき、社会に出たとき、どんな活躍を見せてくれるのか--期待に胸が膨らみます。