資料請求・お問い合わせ

料金や時間割などをお届けします

資料請求
お問い合わせ

類塾手帳

類塾手帳

将来に活きる「段取り能力」を身につける

毎日を有意義に過ごすには、日々の自分の予定を把握し、スケジュールを組み立てる必要があります。その際に大切なのは、スケジュール通りに動くだけではなく、急に予定の変更を強いられた場合に、速やかにスケジュールを組み替える柔軟性です。社会に出れば、状況や能力に応じて、常に優先度や手順を組み替えることが必要で、目的を達成するためにどれだけ柔軟にスケジュールを進化させていけるかが頭の使いどころになってくるのです。このように、状況に応じて実践方針を組み立てるには、「段取り能力」が必要になります。しかし、子供たちは「段取り能力」を身につけるための頭の使い方や意識すべきポイントを学ぶ機会がなかなかありません。
そこで類塾では、将来に活きる「段取り能力」を身につけられる『類塾手帳』を製作しました。

子供たちも講師も共に考える!

類塾手帳の最大のポイントは、類塾生全員が同じ手帳を使うことです。子供たちにとって、仲間からの刺激というのは大きな活力源となります。比べやすい(違いが分かりやすい)ことはもちろん、「この手帳をどう使うか」を一緒に考えることが学年問わず全員共通の課題になります。
さらには、講師もこの手帳を元に学習指導や生活指導を行っていくだけでなく、クラブ活動や趣味や友人との関係なども含め、もっと成果の出る、もっと充実する時間の使い方はないかを、子供たちと共に考えていきます。
この手帳を単なる「管理」のツールではなく、「追求」のツールとして毎日活用することで、お子さまの「段取り能力」を育みます。

生徒の声
「類塾手帳」を使って生活を可視化。無駄な時間をなくせた

高津高校 合格 宗和 未祐さん(豊中10中卒)
受験するにあたり、一番の課題は、一日でどれ程の勉強時間が確保できるかということ。私は気付けば違うことに時間を費やす生活を送っていたので、類塾手帳を使って、勉強時間を正確に記録しました。そうすることで自分の生活を把握し、生活の中での無駄な時間を可視化。1日の中の無駄を少しでもなくすことを大切にしました。