ホーム>定期テストで成績アップ<類塾生の声>
  • 合格実績
  • 成長体験記
  • 定期テストで成績アップ
  • 活躍する卒塾生たち
    類塾ネット

定期テスト結果

勝因は類塾の「最強勉強法」

定期テスト結果

2学期期末テスト、後期中間テストで、類塾生が続々と自己ベスト更新!

転塾して激変!

5分間

転塾してよかった!
入塾して1ヶ月、スピード第一に転換し、自己べスト更新

意欲・成績アップ事例

島本2中 中3 Y.N.さん

他塾では、「これをしなさい」「これをしたら必ず伸びる」とたくさん問題を解くことだけ指示され、意欲もわかず、ダラダラとやる癖がついていた。類塾に来て「すごい!」と思ったのは、5分で仕上げるやり方!スピードが4〜6倍も違う。それに刺激を受け、今回のテストは、学校から帰ったら休憩を挟まずにトップスピードで勉強に取り掛かかるようにした。すると、処理スピードが上がり、余裕が生まれた!中3のこの時期に、初めて450点を突破!

高速音読

5分間

学び合い

個別塾では得られなかった仲間からの刺激。
マイペースを脱し、課題をこなす速度が上昇!

意欲・成績アップ事例

千代田中 中3 T.R.さん 

「学び合い」を通して、「分からない」ことへの抵抗がなくなり、学校でも積極的に質問。授業もよく聞いてテストで出るポイントを押さえられたから、隅々までやる非効率な勉強から、照準を絞った短時間集中の勉強ができた。
また、個別塾では自分のペースで進めていたけど、類塾では周りのスピードに刺激されるので、課題をこなす速度が上昇!提出物を早く終わらせられた。
また、「5分間勉強法」でスピード意識が身に付き、時間がかかりそうな問題は見切って、得点すべき問題を確実に取りにいけた!特に国語は「高速音読」で読む速度が上がり、いつもよりかなり余裕を持って解けた。

もう一段階上昇の秘訣

学び合い

480点を突破した秘訣は、仲間との「学び合い」

意欲・成績アップ事例

長尾西中 中1 N.H.くん 

一人で突破しようとするのは時間の浪費。仲間との成果チェック&「学び合い」で、「何がいけて、いけないのか」をハッキリさせられて、さらに点数を伸ばせた!

高速音読

5分間

教科書を徹底的に「高速音読」で高得点!

意欲・成績アップ事例

高槻10中 中2 U.H.さん

英国社は教科書を徹底的に「高速音読」して、効率良く定着。また、同じ科目を連続して勉強するのではなく、短時間で科目を変えて勉強し、集中力を維持。

英語上昇のポイントは

高速音読

学び合い

「高速音読」とアウトプットで英語が急上昇!

意欲・成績アップ事例

杉中 中2 K.Y.くん

英語は、「高速音読」で教科書本文をすぐ覚え、さらに、覚えた本文を「どう応用するか」アウトプットを意識しながらワークを解いたことで、定着度がアップ。
また、一人で勉強しているときは、“自分が本当に分かっているのか”不安だったけど、今回は、友達に苦手な関数を教えてもらえて心強かったし、自分が教えたときは理解度を確かめられ、自信に繋がった!

意欲・成績アップ事例

仲間と一緒に成績上昇!

意欲・成績アップ事例

高速音読

学び合い

自習室で先輩と仲良しに。
成績上昇、人間関係も広がり、一石二鳥!

意欲・成績アップ事例

交野3中 中2 K.A.さん

自習室で、友達や先輩と楽しみながらテスト勉強ができた!みんなで「応答トレーニング」や、分からないときは「学び合い」を実践。英語では、読めない単語を先輩に音読してもらい、それをイメージしながら自分で「音読」を何度も繰り返し、最後に書いてチェック。それを徹底しただけで、単語部分はほぼノーミス。勉強量は絶対に今までより少ないけど、自己ベスト達成!

他にも「類塾の勉強法」でアップした!の声多数

5分間

目標を勉強時間から「質」へ転換。集中力アップ!

意欲・成績アップ事例

高槻教室 中3 T.T.くん

今回のテスト勉強では、勉強時間よりも質にこだわった!授業では、ノートをとるより、先生の話を「聞く」。先生や友達に質問や相談をして、重要なポイントを押さえる。
また、「5分間勉強法」を生かして、短い時間で教科や分野を変えることによって、集中して勉強できた!

高速音読

5分間

学び合い

スピード意識でテスト当日も集中力上昇!
英語の「高速音読」では語順を丸ごと吸収

意欲・成績アップ事例

川西中 中3 K.K.くん

「5分間勉強法」でスピード意識が身に付き、時間を計って問題を解くのが習慣化。テスト当日も、1つ1つの問題に対しスピードを意識することができ、集中力が高まった。
数学の「学び合い」の時間では、分かっていないことに徹底的に取り組め、理解をより深めることができた。
また、英語の授業での「高速音読」で、発音の確認とともに語順が丸ごと頭に入り、並べ替えや穴埋め問題は楽勝だった!

高速音読

5分間

学び合い

高速音読効果で、設問を掴むスピードが上がった!

意欲・成績アップ事例

花乃井中 中1 K.D.くん 

文章は、いつも読んでいる途中で考えてしまって幹を掴めなかったが、「高速音読法」の効果で、今回はどの科目でも文章題の設問が速く掴めるようになった。また、「5分間勉強法」で、時間配分の感覚や問題を解くスピードも身に付き、テストでのスピードアップが実現!また、学び合いで、複雑な問題も友達に説明することで完全に理解できたから、応用問題にもしっかり対応できた。

5分間

テストの手応えが明らかに変わってきた!
中2の1学期中間から連続上昇し、自己ベスト更新

意欲・成績アップ事例

下福島中 中2 Y.R.さん 

中2になってから、テスト前に毎日勉強するため自習室に通うことに決めた。1日ごとの細かい計画を立て、課題が終わるごとに印を付け、達成感を実感することで意欲アップ!ミスが多いのが課題だったので、「5分間勉強法」で、スピードと正確さを身に付けることを意識。点数アップに繋がった。また、理社は類塾手帳の「勉強法虎の巻」を参考に「教科書7回読み」を実践。これらを継続したら、テストの手応えが明らかに変わってきた!

「探求科」で意欲も、成績も上昇!

生きる意味、生きる目標が見えてきた!新たな答えを探し続けていきたい

意欲・成績アップ事例

学園前教室 中2 Y.K.くん

探求科を受けて、「自分たちは、社会を対象化し、疑問を持ち、人を惹き寄せる人間を目指して生きなければならない」と、答え(生きる意味)に少し気付けた。
本当に「頭を使う」というのがどういうことなのか分かり、社会の役に立つ集団を作りたいという目標を持てた。一人の男として、自分のなすべきことを考えながら生きていこうと思っている。
「探求」は、人間にとって何かの道筋になる。一つの答えが出ても、またそれを「超える」新たな答えを探していきたい。この社会の状況を突破するために、他人事ではなく自分たちのこととして社会に関わり、成長していきたい。

点数圧力から解放され、楽しんで勉強ができ、自己ベスト!

意欲・成績アップ事例

枚方1中 中2 S.M.くん 

探求科で生きる意味→勉強する意味を考えていく中で、「点が取れない」という不安や、「理解しなきゃ」という焦りから解放され、勉強を楽しめるようになった。テスト中のプレッシャーもなくなり、自己ベストを記録!
また、探求科でのリーダー経験から、考えをまとめ、行動の具体方針を出せる力がつき、今まで課題を大雑把にしか捉えていなかったのが、目標、期限や勉強法まで具体的に詰めらるようになった。
テスト勉強では、「5分間勉強法」で提出物を早めに仕上げ、余裕が生まれ高得点。「学び合い」では、何でそうなるのか考えるようになり、単なる暗記を突破。また、探求科の図解化で答えに迫る手法が5教科でも役に立ち、知識を整理して繋げられた。

楽しみながら現実課題に向かう、「夢中になる」が必勝法!

意欲・成績アップ事例

豊中11中 中2 O.K.くん

探求科で、余計な考えを捨て、「現実を直視すること」の大切さを学び、テストという現実に向き合わなければいけないことを自覚した。積極的に自習室に通い、先生たちと分からないことを解決していくと、思ったよりも面白くて勉強も夢中でできた。
やっぱり「楽しむ」ことは大事だと思い、楽しみながら現実課題と向き合うことが必勝法だと確信した。すぐに結果が出ずとも、あきらめずに追求し続け、勝ち筋を見つければ成果は出ると分かり、とてもうれしかった。

過去の成績アップ事例はこちら

資料請求・お問合せ
ページの先頭に戻る