電話で相談
0120-117-219

0120-117-219
資料請求
お問い合わせ

資料請求

高校受験

2021年 高校入試結果 私立でも公立でも全員合格の快挙

受験をゴールとし、合格するためだけに、ひたすら詰め込み、暗記させられると、主体的な意欲が奪われ、燃え尽き症候群になってしまいます。
それに対して、類塾生は高校に行ってからも生き生きと能力を伸ばしていきます。

その秘訣は、子供の意欲を徹底追求した「内発型学習法」と人間力を培い、追求力を喚起する「無学年制の授業」にあるんです!

■子供の意欲を徹底追求した「内発型学習法」
古い塾や学校のように、勉強を強制すればするほど子どもは意欲を失い、詰め込み学習をすればするほど、暗記脳で使い物にならなくなってしまうのです。
そんな暗記脳や公式脳さらには文字脳から脱却させるのが「グループ追求」「5分間集中法」「高速音読」です!
類塾の内発型学習法を動画でご覧ください>>>内発型学習法

■人間力を培い、追求力を喚起する「無学年制の授業」
今では当たり前の用に、同じ学年ごとに、クラス分けされますよね。実は、その学年別クラスが、成績だけで人を見下す人、成績が下で劣等感が植えつけられ、「わからない、できない」が口癖になる子を生み出してしまうのです。
多年齢と交わるという人類本来の関係の中で、上の子も下の子も追求心が喚起されるとともに、発信力が形成されていくんです!

類塾生は、意欲と追求力を取り戻すことで、受験でも勝ち抜いているんです!

2021年合格者の声

◯人間性・追求力豊かな仲間の存在が、受験を超えて人生を豊かにしてくれた!(北野高校 合格 女子)

◯探求科での追求が、思考の枠を広げ合格にも繋がった!(茨木高校 合格 男子)

◯人として成長させてくれた探求科!誰かの期待に応える嬉しさを感じたのは初めて!(春日丘高校 合格 女子)

◯仲間との結束力で、受験も楽しく突破!(北野高校 合格 女子)

◯講義型の他塾とは違い、類塾は仲間学び合い本質を掴むから応用問題も突破できる!(豊中高校 合格 男子)

2021成長体験記「教えて先輩!」〜みんなが知りたい疑問に先輩たちが答えます〜

意欲・活力を高め、自分の頭で考え生き抜く力を育む、類塾。
そこで、壁にぶつかりながらも「どうする?」を思考し続け、成長をしている生徒たちの体験記をお届けします。
2021年は、先輩たちが「みんなの知りたい疑問」に答える形で編集。
ホームページでは、その一部をご紹介します。(全容は下記目次をご覧ください。)

冊子をご希望の方は資料に同封いたしますので、類塾総合受付(➿0120-27-1031)までお気軽にご連絡ください。

【先輩が断言】決め手はコレ! だから類塾がオス スメです

他塾ではやる気が出なかったけど、 類塾でやる気急上昇!活力源は「仲間」
豊中高校 合格 荻 健太くん(片山中卒)
私は他塾に行っていた経験がある。類塾での勉強では「仲間」ということを意識することで他塾で全くといっていいほど無かった「やる気」がみるみる湧いてきた。例えば仲間と一つの課題に取り組むとき、他塾なら先生が解説したり、解答を見て終わったが、類塾では仲間との学び合いを通じて互いに学びを共有して、問題をより深く読みとっていくことができた。また問題の根本を学ぶことができるので自然と応用力も身につき、入試のときにも、スラスラと解ける力を身につけることができた。

豊中高校 合格 荻 健太くん(片山中卒)
私は他塾に行っていた経験がある。類塾での勉強では「仲間」ということを意識することで他塾で全くといっていいほど無かった「やる気」がみるみる湧いてきた。例えば仲間と一つの課題に取り組むとき、他塾なら先生が解説したり、解答を見て終わったが、類塾では仲間との学び合いを通じて互いに学びを共有して、問題をより深く読みとっていくことができた。また問題の根本を学ぶことができるので自然と応用力も身につき、入試のときにも、スラスラと解ける力を身につけることができた。
学習方法が180度違う! どんどん実力がついていった
長尾高校 合格 田中 琉成くん(枚方1中卒)
私は最初、個別塾で問題を解くことを繰り返していました。しかし頭にあまり入ってこなくて実力が身についておらず、ただ毎回同じ作業を繰り返していました。3年生になり受験が近づいてくると、その塾では志望校に行けないと思い、類塾に転塾しました。最初は今まで通っていた塾と同じだと思っていましたが、学習方法が180度違い、みんなで楽しんで勉強することにより自分でも分かるほど実力がついたと感じました。特に高速音読によりスラスラと物語の内容が頭に入り、今まで足りなかった理解力やみんなと勉強する楽しさを掴むことができました。受験が心配な人や実力テストの点数が上がらない人はぜひ類塾に来てほしいです。類塾に来て今まで体験することがなかった“勉強の楽しさ”を知ってほしいです。

長尾高校 合格 田中 琉成くん(枚方1中卒)
私は最初、個別塾で問題を解くことを繰り返していました。しかし頭にあまり入ってこなくて実力が身についておらず、ただ毎回同じ作業を繰り返していました。3年生になり受験が近づいてくると、その塾では志望校に行けないと思い、類塾に転塾しました。最初は今まで通っていた塾と同じだと思っていましたが、学習方法が180度違い、みんなで楽しんで勉強することにより自分でも分かるほど実力がついたと感じました。特に高速音読によりスラスラと物語の内容が頭に入り、今まで足りなかった理解力やみんなと勉強する楽しさを掴むことができました。受験が心配な人や実力テストの点数が上がらない人はぜひ類塾に来てほしいです。類塾に来て今まで体験することがなかった“勉強の楽しさ”を知ってほしいです。
地獄からの生還。 面白いほど頭に入る
枚方高校 合格 上芝原 龍矢くん(交野2中卒)
僕は中学2年生まで違う塾にいました。その塾の授業は、テキストの問題を解いて、先生の解説を聞いての繰り返し。新しい単元に入ったら先生のやり方を聞いてテキストを解いて…の繰り返し。眠いし、やる気でないし、おもしろくない。こんなの頭に入る訳がない。そんな地獄のような毎日を送っていたある日、友達から類塾のことを聞いて体験で入ってみると、比べ物にならないくらい面白いし何よりすごく頭に入る。表面上だけの理解ではなく、わからない人に教えるから本当に理解できていなかった部分が見える。だから応用問題でも解ける。

枚方高校 合格 上芝原 龍矢くん(交野2中卒)
僕は中学2年生まで違う塾にいました。その塾の授業は、テキストの問題を解いて、先生の解説を聞いての繰り返し。新しい単元に入ったら先生のやり方を聞いてテキストを解いて…の繰り返し。眠いし、やる気でないし、おもしろくない。こんなの頭に入る訳がない。そんな地獄のような毎日を送っていたある日、友達から類塾のことを聞いて体験で入ってみると、比べ物にならないくらい面白いし何よりすごく頭に入る。表面上だけの理解ではなく、わからない人に教えるから本当に理解できていなかった部分が見える。だから応用問題でも解ける。

学校や他塾ではなく「探求科」でしか培われない力って何?

「先を見通す力」を鍛えられる
高津高校 合格 小原 佑介くん(太子中卒)
類塾で学んだことは類塾でしか養うことのできない「先を見通す力」です。他塾の勉強は、合格するためだけの勉強であるのに対し、類の「探求科」を通して「この先どのように世界が変わっていくのか」「人類の起源」など、あらゆる方向から物事を考えることができるようになり、より一層中身が深まります。探求科では、大人も子供も一緒になって話すので、学校では絶対に知ることができない社会の事実を知ることができます。そういった体験を通して、社会に出て必要とされる力が鍛えられるので、本当に探求科はオススメです。

高津高校 合格 小原 佑介くん(太子中卒)
類塾で学んだことは類塾でしか養うことのできない「先を見通す力」です。他塾の勉強は、合格するためだけの勉強であるのに対し、類の「探求科」を通して「この先どのように世界が変わっていくのか」「人類の起源」など、あらゆる方向から物事を考えることができるようになり、より一層中身が深まります。探求科では、大人も子供も一緒になって話すので、学校では絶対に知ることができない社会の事実を知ることができます。そういった体験を通して、社会に出て必要とされる力が鍛えられるので、本当に探求科はオススメです。

「探求科」で思考も変わる

本気で追求する中で、 発信力・仲間をまとめる力がついた!
千里高校(国際文化科)合格 Y.Mさん
探求科」は、私が類塾に来た理由であり、私を変えてくれたものでもあります。「探求科」では、皆の「何?何で?」をとことん追求したり「身近な疑問」を取り扱っており、幅広い年齢の人たちと関わり議論する機会がたくさんあります。そこで私が目にしたものは、「年齢も立場も全く違う人たちが、初対面の壁なんてないように、活き活きと議論、話し合いをする光景」でした。その頃の私にとっては衝撃的で、しかし不安が安心に変わった瞬間でもありました。それから私は、塾でも、学校でも、あのときの彼らのように「活き活き」として、積極的に発言するようになりました。探求科でも進んで議長を務め、みんなをまとめました。初めての人にも安心して楽しんでもらえるように、彼らが私にしてくれたことを、また誰かに与えることができました。
後輩のみなさんも追求することをやめないでほしいです。完璧な人なんていません。そして、疑問を追求することにも終わりはありません。

千里高校(国際文化科)合格 Y.Mさん
探求科」は、私が類塾に来た理由であり、私を変えてくれたものでもあります。「探求科」では、皆の「何?何で?」をとことん追求したり「身近な疑問」を取り扱っており、幅広い年齢の人たちと関わり議論する機会がたくさんあります。そこで私が目にしたものは、「年齢も立場も全く違う人たちが、初対面の壁なんてないように、活き活きと議論、話し合いをする光景」でした。その頃の私にとっては衝撃的で、しかし不安が安心に変わった瞬間でもありました。それから私は、塾でも、学校でも、あのときの彼らのように「活き活き」として、積極的に発言するようになりました。探求科でも進んで議長を務め、みんなをまとめました。初めての人にも安心して楽しんでもらえるように、彼らが私にしてくれたことを、また誰かに与えることができました。
後輩のみなさんも追求することをやめないでほしいです。完璧な人なんていません。そして、疑問を追求することにも終わりはありません。
学びだけでなく「生き抜く力」を 身につけられる!
箕面自由学園高校 合格 中牟田 柚姫 さん (古江台中卒)
類塾の一番の特徴は、グループでの勉強だけでなく「生き抜く力」を身につけられるというところです。特に、探求科では、現代社会や自然現象の不思議などを題材に小学3年生から社会人までが一緒になって追求します。こんな経験は類塾でしかできないでしょう。また、探求科を通して改めて追求や学ぶことの楽しさも感じることができました。受験勉強で行き詰ったときこそ類塾にきてみてください。

箕面自由学園高校 合格 中牟田 柚姫 さん (古江台中卒)
類塾の一番の特徴は、グループでの勉強だけでなく「生き抜く力」を身につけられるというところです。特に、探求科では、現代社会や自然現象の不思議などを題材に小学3年生から社会人までが一緒になって追求します。こんな経験は類塾でしかできないでしょう。また、探求科を通して改めて追求や学ぶことの楽しさも感じることができました。受験勉強で行き詰ったときこそ類塾にきてみてください。

「仕事塾」ってどんな力がつくの?

仕事を通して、人を「やる気」にさせる力が目覚めた!性格も変わった!
関西大倉高校 合格 豊岡健悟くん(養精中卒)
中学生であった私は、入試合格はもちろん、人との接し方をより良くしたい、もっと充実した日々を送りたいなどさまざまな思いを抱えていました。そんな願いを全て叶えてくれたのが「探求科」です。「難しそう」「受験には関係ない」という印象を受けている人もいるでしょう。しかし、探求することで得るものはとても大きいです。自分の知らなかった世界が広がっていくのは面白いし、何より日々の生活で固まってしまった頭を思いきり動かせます。受験生になっても私は探求し続けました。そんな私が皆さんに伝えたいことは、一つ。それは、「探求することは合格にも、そしてこれからの生活にもつながっている」ということです。

関西大倉高校 合格 豊岡健悟くん(養精中卒)
中学生であった私は、入試合格はもちろん、人との接し方をより良くしたい、もっと充実した日々を送りたいなどさまざまな思いを抱えていました。そんな願いを全て叶えてくれたのが「探求科」です。「難しそう」「受験には関係ない」という印象を受けている人もいるでしょう。しかし、探求することで得るものはとても大きいです。自分の知らなかった世界が広がっていくのは面白いし、何より日々の生活で固まってしまった頭を思いきり動かせます。受験生になっても私は探求し続けました。そんな私が皆さんに伝えたいことは、一つ。それは、「探求することは合格にも、そしてこれからの生活にもつながっている」ということです。
子供たちの柔軟な考えが刺激に! 本当の言語能力の必要性に気付けた
国際高校 合格 幸治 咲帆さん(鹿ノ台中卒)
今の学校教育では、本当の言語を学べていない。私が本当にそれを感じたのは、中3になってからだった。仕事塾は、予想に反してとっても楽しかった。子供は無邪気で頭も柔軟で自分には考えられないことも考えつく。そこに私はとても刺激を受けた。その刺激をさらに受けるために何度も幼小科に足を運んだ。そこで私は言葉の難しさを思い知った。小さい子に教えるときに、とても困ったからだ。小さい子に分かりやすく教えるための言葉が自分の中に少ないことを知った。そこで、自分は本当の言語を習得できていないのだなと気づくことができた。それに気づいてから、私は、自分の伝えたいことをわかりやすく相手に伝えるように、探求や国語の授業中に気を付けるようになった。
本当の言語を習得するには、仕事塾、探求科、実現塾が良いと自分が体験して思う。

国際高校 合格 幸治 咲帆さん(鹿ノ台中卒)
今の学校教育では、本当の言語を学べていない。私が本当にそれを感じたのは、中3になってからだった。仕事塾は、予想に反してとっても楽しかった。子供は無邪気で頭も柔軟で自分には考えられないことも考えつく。そこに私はとても刺激を受けた。その刺激をさらに受けるために何度も幼小科に足を運んだ。そこで私は言葉の難しさを思い知った。小さい子に教えるときに、とても困ったからだ。小さい子に分かりやすく教えるための言葉が自分の中に少ないことを知った。そこで、自分は本当の言語を習得できていないのだなと気づくことができた。それに気づいてから、私は、自分の伝えたいことをわかりやすく相手に伝えるように、探求や国語の授業中に気を付けるようになった。
本当の言語を習得するには、仕事塾、探求科、実現塾が良いと自分が体験して思う。

思考も性格も変わる!

固定観念が塗り変わった!
千里高校(総合科学科)合格 伊東 昊汰くん(吹田6中卒)
類塾は他の塾と違い、目先の点数や目標にとらわれず、私たちの将来やこれからの社会を生きぬくために必要な力を教えてくれました。私は、塾に入った当初は良い学校に進学すると良い会社に入れると思っていましたが、類塾に入ってしばらくたつと、そのような考え方はなくなり、社会に出るには、もっと違う力を身につけないといけないと思うようになるなど、いろいろな自分の価値観が変わりました。類塾は勉強だけでなく、物の見方や、将来本当に必要となる力を教えてくれます。

千里高校(総合科学科)合格 伊東 昊汰くん(吹田6中卒)
類塾は他の塾と違い、目先の点数や目標にとらわれず、私たちの将来やこれからの社会を生きぬくために必要な力を教えてくれました。私は、塾に入った当初は良い学校に進学すると良い会社に入れると思っていましたが、類塾に入ってしばらくたつと、そのような考え方はなくなり、社会に出るには、もっと違う力を身につけないといけないと思うようになるなど、いろいろな自分の価値観が変わりました。類塾は勉強だけでなく、物の見方や、将来本当に必要となる力を教えてくれます。
「点数をとる」=「自分のためだけの勉強」 は意欲が出ない
高津高校 合格 下家 裕也くん(春日出中卒)
類塾で学んだことは「勉強への意識」だ。
学校での勉強はテストで点数をとるための勉強で、自分のためだけの勉強になる。テストの点数を取るためにしているだけで、勉強をしたくてしている人はほとんどいないと思う。自分も始めはそうだった。しかし、一人で勉強をすると活力が下がっていくことに気づき、仲間と一緒に勉強をするようになった。問題を説明しあったり、時には答えのない問題を一緒に追求した。すると、知らないうちに自分の理解も深まっていることに気づいた。なぜそうなったのか始めは全然分からなかった。しかしよく考えると、説明というのは相手が分かるようにしなければならない。つまり、どんなふうに工夫して言えば相手に伝わるのか考えることで理解が深まるんだと分かった。

高津高校 合格 下家 裕也くん(春日出中卒)
類塾で学んだことは「勉強への意識」だ。
学校での勉強はテストで点数をとるための勉強で、自分のためだけの勉強になる。テストの点数を取るためにしているだけで、勉強をしたくてしている人はほとんどいないと思う。自分も始めはそうだった。しかし、一人で勉強をすると活力が下がっていくことに気づき、仲間と一緒に勉強をするようになった。問題を説明しあったり、時には答えのない問題を一緒に追求した。すると、知らないうちに自分の理解も深まっていることに気づいた。なぜそうなったのか始めは全然分からなかった。しかしよく考えると、説明というのは相手が分かるようにしなければならない。つまり、どんなふうに工夫して言えば相手に伝わるのか考えることで理解が深まるんだと分かった。
意識が「自分」→「仲間」に変わった!
茨木高校 合格 赤阪 夏都子さん(箕面4中卒)
類塾は、私の間違った考えを改めてくれた場所です。私は、はじめ勉強は一人でするものだと思い込んでいました。しかし、仲間との「学び合い」を通して得るものは多く、楽しく効率的に勉強することができました。仲間に教えてもらうことでいろいろな考え方を取り入れることができ、より広い視野で問題と向き合えるようになりました。私は、受験直前に模試の結果が下がってしまい、精神的にとてもしんどい状態でした。しかし、仲間の支えもあり、最後まで学び合いを大切にすることで気持ちを立て直し、合格することができました。「仲間と共に成長する」ことが、受験において一番大切なことだと感じました。
ぜひ、1人課題にすることなく、仲間を大事にしてみてください。

茨木高校 合格 赤阪 夏都子さん(箕面4中卒)
類塾は、私の間違った考えを改めてくれた場所です。私は、はじめ勉強は一人でするものだと思い込んでいました。しかし、仲間との「学び合い」を通して得るものは多く、楽しく効率的に勉強することができました。仲間に教えてもらうことでいろいろな考え方を取り入れることができ、より広い視野で問題と向き合えるようになりました。私は、受験直前に模試の結果が下がってしまい、精神的にとてもしんどい状態でした。しかし、仲間の支えもあり、最後まで学び合いを大切にすることで気持ちを立て直し、合格することができました。「仲間と共に成長する」ことが、受験において一番大切なことだと感じました。
ぜひ、1人課題にすることなく、仲間を大事にしてみてください。

“類”だからこそ鍛えることができた「生き抜く力」

多年齢での追求機会が、 社会で必要とされる能力を育む
奈良北高校 合格 平岡 雄介くん(富雄南中卒)
類塾では点数を上げる勉強だけではなく、社会に出て活躍するために必要な、言語能力や同化力なども身につきます。また、一人で物事を考えるのではなく大人、子供関係なくみんなで追求することもします。そのため、人の役に立ちたいと思ったようになり、責任感や自発的な行動に結び付くようになります。
勉強以外でも相談できる先生との出会い、そして、うわべだけではない仲間との関係を築きあげられたことが類塾で得たことです。

奈良北高校 合格 平岡 雄介くん(富雄南中卒)
類塾では点数を上げる勉強だけではなく、社会に出て活躍するために必要な、言語能力や同化力なども身につきます。また、一人で物事を考えるのではなく大人、子供関係なくみんなで追求することもします。そのため、人の役に立ちたいと思ったようになり、責任感や自発的な行動に結び付くようになります。
勉強以外でも相談できる先生との出会い、そして、うわべだけではない仲間との関係を築きあげられたことが類塾で得たことです。
仲間との探求が思考を広げ成果も上げる
茨木高校 合格 内田 耀くん(渋谷中卒)
僕が類塾に入って変わったことは、探求する精神です。探求することによって理解をさらに深めることができ、そのまま学力の向上へとつなげることができました。さらに、仲間と一緒に探求することで、「こんな見方があるんだ」「こんな考え方があるんだ」と気付くことができました。

茨木高校 合格 内田 耀くん(渋谷中卒)
僕が類塾に入って変わったことは、探求する精神です。探求することによって理解をさらに深めることができ、そのまま学力の向上へとつなげることができました。さらに、仲間と一緒に探求することで、「こんな見方があるんだ」「こんな考え方があるんだ」と気付くことができました。

将来に活きる頭の使い方

根本を理解することで勉強が楽しくなり、スピードが上がった
府立大学工業高等専門学校 合格 竹田 好太朗くん(寝屋川2中卒)
私は類塾に入るまで勉強が嫌いでした。しかし、私は類塾で勉強の楽しさを学びました。類塾は他塾と違って「本質を理解する」授業です。これが他塾との違いであり、類塾の特色です。
私は類塾で本質を理解したときに、以前との理解度の差に驚いたことを今でも鮮明に覚えています。
また、勉強の「本質を理解する」ことは楽しさにもつながります。“自分が今何をやっているか分からない復習でひたすらに無心で解き続ける”そんなものは意味がないし、楽しくもありません。しかし、本質を理解したら復習も必要なくなるし、することが減るので、勉強が楽しくなります。最悪楽しくなれなくても苦しくは無くなります。また、本質を理解することはスピードの上昇にもつながります。なぜか?それは、本質を理解することでいろいろな視点からものを見ることができるようになるからです。すると出題者の意図を汲み取れるようになり、結果スピードが上昇します。だからみなさんも類塾で、本質を理解する経験をしてみてください。

府立大学工業高等専門学校 合格 竹田 好太朗くん(寝屋川2中卒)
私は類塾に入るまで勉強が嫌いでした。しかし、私は類塾で勉強の楽しさを学びました。類塾は他塾と違って「本質を理解する」授業です。これが他塾との違いであり、類塾の特色です。
私は類塾で本質を理解したときに、以前との理解度の差に驚いたことを今でも鮮明に覚えています。
また、勉強の「本質を理解する」ことは楽しさにもつながります。“自分が今何をやっているか分からない復習でひたすらに無心で解き続ける”そんなものは意味がないし、楽しくもありません。しかし、本質を理解したら復習も必要なくなるし、することが減るので、勉強が楽しくなります。最悪楽しくなれなくても苦しくは無くなります。また、本質を理解することはスピードの上昇にもつながります。なぜか?それは、本質を理解することでいろいろな視点からものを見ることができるようになるからです。すると出題者の意図を汲み取れるようになり、結果スピードが上昇します。だからみなさんも類塾で、本質を理解する経験をしてみてください。
成果を上げるなら、量ではなく質!
四條畷高校 合格 石塚 美羽さん (枚方中卒)
私は類塾で「量」より「質」の勉強の大切さを学ぶことができました。「高速音読」や「5分間集中法」では圧力をかけながら集中して取り組むことで確実に成果を出していくことができました。なぜなら「5分間集中法」は5分という短い時間で解かなければならないという圧力から必然的に頭をフル回転させて勉強することができるからです。この頭の使い方は、塾だけではなく自習のときにも役立ちます。そして高校、大学に上がってもなお役立ちます。類塾では高校受験対策はもちろんできますが、これからも活用できる学習法を身につけることができます。成果を上げる学習法は「量」だけではなく「質」が重要だということを忘れないでほしいです。そして切り替えをすることでより成果を得られるはずです。

四條畷高校 合格 石塚 美羽さん (枚方中卒)
私は類塾で「量」より「質」の勉強の大切さを学ぶことができました。「高速音読」や「5分間集中法」では圧力をかけながら集中して取り組むことで確実に成果を出していくことができました。なぜなら「5分間集中法」は5分という短い時間で解かなければならないという圧力から必然的に頭をフル回転させて勉強することができるからです。この頭の使い方は、塾だけではなく自習のときにも役立ちます。そして高校、大学に上がってもなお役立ちます。類塾では高校受験対策はもちろんできますが、これからも活用できる学習法を身につけることができます。成果を上げる学習法は「量」だけではなく「質」が重要だということを忘れないでほしいです。そして切り替えをすることでより成果を得られるはずです。

自己流の勉強では成果が出ない>_< どうする?

■「高速音読」で突破

「高速音読」で文章を構造化する力がUP ⇒国語の記述が得意に!
天王寺高校 合格 石山 愛菜さん(南港南中卒)
家では問題をこなしたり暗記勉強しかできなかったため、国語や英語の成果の上げ方が分かりませんでした。そこで今まで受け入れ難かった類塾の学習法を信じて、素直に授業を受けることを意識しました。すると、目の前のものからできるだけ吸収しようという意識が高まり、今までついていけなかった高速音読についていけるようになりました。だんだんと文章を読むスピードや構造化する能力が上がり、始めは苦手だった国語の記述問題も驚くほど解けるようになりました。そして、文章を理解すること自体が楽しく感じるようになりました。類塾の学習法が珍しくて疑問を感じている人がいるかもしれません。しかし、まず信じてみてほしいと思います。素直に授業に取り組むことで力が身についていくと思うからです。

天王寺高校 合格 石山 愛菜さん(南港南中卒)
家では問題をこなしたり暗記勉強しかできなかったため、国語や英語の成果の上げ方が分かりませんでした。そこで今まで受け入れ難かった類塾の学習法を信じて、素直に授業を受けることを意識しました。すると、目の前のものからできるだけ吸収しようという意識が高まり、今までついていけなかった高速音読についていけるようになりました。だんだんと文章を読むスピードや構造化する能力が上がり、始めは苦手だった国語の記述問題も驚くほど解けるようになりました。そして、文章を理解すること自体が楽しく感じるようになりました。類塾の学習法が珍しくて疑問を感じている人がいるかもしれません。しかし、まず信じてみてほしいと思います。素直に授業に取り組むことで力が身についていくと思うからです。

■「5分間集中法」で突破

「5分間集中法」で時間配分攻略!難解な 問題文の意図を瞬時に把握できるように
茨木高校 合格 田中 一平くん(太田中卒)
私は、類塾の「5分間集中法」を通じて、テストのときの時間配分の仕方や、早く解くコツなどを学びました。5分間集中法では、時間に追われながらどんどん進んでいくので自然とスピード意識が身につきました。さらに、各問題ごとにかかる時間も把握できるようになりました。そのため、テストでは、まず、最低どのくらいで解けるかを計算し、その後、見直しの時間を考えるという方法でやると、実際に時間が余ることが多くなりました。特に、大阪府の公立高校の入試では文章が長く、まわりくどい表現の問題文が含まれる問題が多く出題されるので、その問題の必要な部分を見ることができるようになり、速い速度で解けるようになりました。

茨木高校 合格 田中 一平くん(太田中卒)
私は、類塾の「5分間集中法」を通じて、テストのときの時間配分の仕方や、早く解くコツなどを学びました。5分間集中法では、時間に追われながらどんどん進んでいくので自然とスピード意識が身につきました。さらに、各問題ごとにかかる時間も把握できるようになりました。そのため、テストでは、まず、最低どのくらいで解けるかを計算し、その後、見直しの時間を考えるという方法でやると、実際に時間が余ることが多くなりました。特に、大阪府の公立高校の入試では文章が長く、まわりくどい表現の問題文が含まれる問題が多く出題されるので、その問題の必要な部分を見ることができるようになり、速い速度で解けるようになりました。
脱・完璧主義が突破口
生野高校 合格 髙橋 舞子さん(上町中卒)
私は、類塾の内発型学習法によって集中して勉強することができました。5分間集中法をすることによって集中が切れにくく、次の問題への切り替えが早くなりました。このおかげで入試本番で分からない問題があればすぐ飛ばして次の問題に集中することができました。

生野高校 合格 髙橋 舞子さん(上町中卒)
私は、類塾の内発型学習法によって集中して勉強することができました。5分間集中法をすることによって集中が切れにくく、次の問題への切り替えが早くなりました。このおかげで入試本番で分からない問題があればすぐ飛ばして次の問題に集中することができました。

■「学び合い」「グループ追求」で突破

楽しく学んだことは、脳に定着する
茨木高校 合格 林 美希さん(箕面4中卒)
友達と一緒に教え合い、問題を出し合うことで「これこの前言ってたよなぁ」ということが増えていって、実際に入試でもその問題が出てとてもうれしかったです。ただ机に向かって勉強するより、楽しく学び合うほうがしっかりと脳に定着するということがわかりました。
私は以前まで、学校の数学の授業がとても嫌いでした。でも、類塾の学び合いの授業に出会い、「なるほど!」「私が解説したい!」と思うようになり、数学が楽しく感じられるようになりました。さまざまな角度からの視点を友達に教えてもらい、たくさんの経験ができました。

茨木高校 合格 林 美希さん(箕面4中卒)
友達と一緒に教え合い、問題を出し合うことで「これこの前言ってたよなぁ」ということが増えていって、実際に入試でもその問題が出てとてもうれしかったです。ただ机に向かって勉強するより、楽しく学び合うほうがしっかりと脳に定着するということがわかりました。
私は以前まで、学校の数学の授業がとても嫌いでした。でも、類塾の学び合いの授業に出会い、「なるほど!」「私が解説したい!」と思うようになり、数学が楽しく感じられるようになりました。さまざまな角度からの視点を友達に教えてもらい、たくさんの経験ができました。
「グループ追求」で気持ちも思考も解放
四條畷高校 合格 石田 颯くん(四條畷西中卒)
類塾では休み時間はみんなと遊んだり、「応答トレーニング」でやり取りしたり、「グループ追求」するなどの機会が多く、楽しみながら課題を進めることができました。授業も、学校のように聞くだけではなく、常に頭を使ってみんなで追求することが成果につながりました。グループ追求や応答トレーニングではいろいろな発見もあるし、男女混ざってやったりすることで、さまざまな考えを吸収することができました。そして類塾に入って、勉強は一人でするものではないと知り、一気に楽になって思考が解放されました。

四條畷高校 合格 石田 颯くん(四條畷西中卒)
類塾では休み時間はみんなと遊んだり、「応答トレーニング」でやり取りしたり、「グループ追求」するなどの機会が多く、楽しみながら課題を進めることができました。授業も、学校のように聞くだけではなく、常に頭を使ってみんなで追求することが成果につながりました。グループ追求や応答トレーニングではいろいろな発見もあるし、男女混ざってやったりすることで、さまざまな考えを吸収することができました。そして類塾に入って、勉強は一人でするものではないと知り、一気に楽になって思考が解放されました。

Q. あと一歩に伸び悩む…突破口を教えてください!

「分からない」と声を上げること! 類塾の仲間に自分をさらけ出してみよう
北野高校 合格 岡 みずきさん(北豊島中卒)
学校では出会うことができない人間性・追求力豊かな類塾のメンバー。類塾に来て、さまざまな刺激を受けることができました。同じ数学が得意であっても図形の問題が超得意な人、計算が異様に速い人、他の人にはない新しい発想をもっている人、問題が解けても他の解き方をして遠回りの解き方を探そうとする人……そんな視野の広い仲間と出会えて、たくさん話し、たくさん関わることができたから、勉強も楽しくできたと思います。仲間と勉強する、関わるにあたって大切なことは恥ずかしがらずに「分からない!」と声をあげることです。「分からない!」ということは自分の短所を周りの人にさらけ出すということです。始めはもちろん抵抗があります。しかし、そのような自分の性格も短所も受け入れてくれる人が必ずいます。そして、私にとってのその仲間が類塾のメンバーでした。そんな仲間がいたから、類塾に行くことも勉強することも楽しく、成果にもつながりました。

北野高校 合格 岡 みずきさん(北豊島中卒)
学校では出会うことができない人間性・追求力豊かな類塾のメンバー。類塾に来て、さまざまな刺激を受けることができました。同じ数学が得意であっても図形の問題が超得意な人、計算が異様に速い人、他の人にはない新しい発想をもっている人、問題が解けても他の解き方をして遠回りの解き方を探そうとする人……そんな視野の広い仲間と出会えて、たくさん話し、たくさん関わることができたから、勉強も楽しくできたと思います。仲間と勉強する、関わるにあたって大切なことは恥ずかしがらずに「分からない!」と声をあげることです。「分からない!」ということは自分の短所を周りの人にさらけ出すということです。始めはもちろん抵抗があります。しかし、そのような自分の性格も短所も受け入れてくれる人が必ずいます。そして、私にとってのその仲間が類塾のメンバーでした。そんな仲間がいたから、類塾に行くことも勉強することも楽しく、成果にもつながりました。
「仲間の思考を真似すること」が突破口!
大手前高校 合格 大原 拓人くん(池田中卒)
私は6年間の類塾の中で、仲間から多くのことを学びました。それをよく実感できたのが数学の授業でした。私は3年生になったときに数学が苦手になり、嫌いになっていきました。しかし、受験が近づくにつれこのままでは数学が足を引っ張ってしまうのではないかと思うようになりました。そして、私は数学の授業で周りの仲間の考えに一生懸命に耳を傾けるようにしました。すると、頭の中にたくさんの切り口や考え方が蓄積されていき、ひねられた問題にも対応できるようになりました。私がこの話をしたのは他塾では絶対にこのような経験はできないと考えたからです。私が後輩のみなさんに伝えたいことは人の考えを真似することは恥ずかしいことではないということです。思考を真似することは自分のパワーアップにつながるのでとても良いことだと、類塾で気づかされました。類塾の「グループ追求」や「学び合い」があったからこそ、この「思考の吸収」に出会えました。

大手前高校 合格 大原 拓人くん(池田中卒)
私は6年間の類塾の中で、仲間から多くのことを学びました。それをよく実感できたのが数学の授業でした。私は3年生になったときに数学が苦手になり、嫌いになっていきました。しかし、受験が近づくにつれこのままでは数学が足を引っ張ってしまうのではないかと思うようになりました。そして、私は数学の授業で周りの仲間の考えに一生懸命に耳を傾けるようにしました。すると、頭の中にたくさんの切り口や考え方が蓄積されていき、ひねられた問題にも対応できるようになりました。私がこの話をしたのは他塾では絶対にこのような経験はできないと考えたからです。私が後輩のみなさんに伝えたいことは人の考えを真似することは恥ずかしいことではないということです。思考を真似することは自分のパワーアップにつながるのでとても良いことだと、類塾で気づかされました。類塾の「グループ追求」や「学び合い」があったからこそ、この「思考の吸収」に出会えました。

集中力が続かない。やる気が出ない。どうする?~突破口は仲間~

「仲間と」だと本気で取り組める!
池田高校 合格 K.S.さん (豊中15中卒)
私は勉強が嫌いです。しかし、仲間と一緒に本気で勉強することは好きになりました。なぜ変われたか。それは類塾で仲間と一緒に勉強するという経験ができたからです。中3の2学期から、塾の仲間と週に1度自習室に集まることを約束し、仲間と共に勉強しました。みんながいると不思議なことに本気になれました。解散して家に帰るころには、次回集まって勉強することが楽しみになっているのです。こうして頻度も増えてい、自然と勉強のサイクルができ上がっていきました。仲間と協力しながら勝ちにいく。このような経験は類塾でしかできないでしょう。

池田高校 合格 K.S.さん (豊中15中卒)
私は勉強が嫌いです。しかし、仲間と一緒に本気で勉強することは好きになりました。なぜ変われたか。それは類塾で仲間と一緒に勉強するという経験ができたからです。中3の2学期から、塾の仲間と週に1度自習室に集まることを約束し、仲間と共に勉強しました。みんながいると不思議なことに本気になれました。解散して家に帰るころには、次回集まって勉強することが楽しみになっているのです。こうして頻度も増えてい、自然と勉強のサイクルができ上がっていきました。仲間と協力しながら勝ちにいく。このような経験は類塾でしかできないでしょう。
中3全員で結束して受験を乗り切る大作戦!
北野高校 合格 西村 希さん (天王中卒)
私たちの学舎では、みんなで受験を乗り越えるために、3年の冬休みに入る前から「どうやって3年生全員の結束力を高めるか?」をたくさん追求しました。その結果、3つのことを実行しました。
①円になって音読。文系の授業はもちろん、自習室でも3年生全員で円を作って音読をしました。顔を合わせ、声を合わせることで、一体感がぐっと上がります。
②クリスマスパーティーを開催。受験直前だからこそみんなで遊ぶ時間は大切です。話したことが無い人が減り、相談できる人が増えるからです。
③決起集会!私立・公立入試の前日に、自分の想いを話し合い、メンタルを強めました。解散を予定していた時刻をオーバーしてしまうくらい、みんなが素直に話してくれたので、翌日の不安なんか感じる暇もありませんでした。
受験直前は、不安と迷いでメンタルがやられるときがあります。そんなとき、その不安と悩みを話せる誰かがいるだけでとても心強くなるはずです。仲間の存在は必ずあなたの力になります。だから、仲間を信頼することや思いを言葉にすることを本当に大切にしてください。

北野高校 合格 西村 希さん (天王中卒)
私たちの学舎では、みんなで受験を乗り越えるために、3年の冬休みに入る前から「どうやって3年生全員の結束力を高めるか?」をたくさん追求しました。その結果、3つのことを実行しました。
①円になって音読。文系の授業はもちろん、自習室でも3年生全員で円を作って音読をしました。顔を合わせ、声を合わせることで、一体感がぐっと上がります。
②クリスマスパーティーを開催。受験直前だからこそみんなで遊ぶ時間は大切です。話したことが無い人が減り、相談できる人が増えるからです。
③決起集会!私立・公立入試の前日に、自分の想いを話し合い、メンタルを強めました。解散を予定していた時刻をオーバーしてしまうくらい、みんなが素直に話してくれたので、翌日の不安なんか感じる暇もありませんでした。
受験直前は、不安と迷いでメンタルがやられるときがあります。そんなとき、その不安と悩みを話せる誰かがいるだけでとても心強くなるはずです。仲間の存在は必ずあなたの力になります。だから、仲間を信頼することや思いを言葉にすることを本当に大切にしてください。

「誰もがぶつかる壁」に答えてくれている先輩のメッセージはいかがでしたでしょうか?

HPに紹介している声はごく一部です。ご希望の方は資料に同封いたしますので、類塾総合受付(➿0120-27-1031)までご連絡いただくか、こちらから資料請求いただき、ご要望欄に「成長体験記集希望」とお知らせください。