資料請求・お問い合わせ

受講料や時間割などをお届けします

資料請求
お問い合わせ

高校受験

2019年 公立高校合格実績

探求科でやるべき道、自分に何が必要か気付けた

大手前高校(文理)合格 髙槻達起くん(長栄中卒)
類塾に行ってよかったことは、人間面の成長ができたことだ。
私は勉強しなくてもある程度の点数がとれていたので、周りの人の助言を素直に聞くことができなかった。その結果、中3になってから成績は右肩下がりに。

そんな中、出会ったのが探求科だ。探求科で現実課題を追求する中で“何も分かっていないし、行動をしていない”、これが人類の共通の課題でもあり、自分の成績低迷の原因にも関係することが分かった。
しかし受験はもう間近。だから、意味のある勉強をするために、一緒に追求しているSSSクラスの仲間のすばらしい発想・やり方を積極的に吸収した。

そしたら、全科目が上昇。数学は友達と最速の解法を追求していくうちに驚くほどスピードが上がった。最も苦手な国語も、高速音読で必死に周りの読み方を真似て、筆者の主張が掴み取れるようになった。結果、入試にも合格できた。
このように私は、探求科のおかげでやるべき道を見つけることができた。自分に何が必要か追求して勉強すれば、必ず結果が出る。その追求ほど大切なことはない。探求科に一度足を運んでみてほしい。

類塾に行ってよかったことは、人間面の成長ができたことだ。
私は勉強しなくてもある程度の点数がとれていたので、周りの人の助言を素直に聞くことができなかった。その結果、中3になってから成績は右肩下がりに。

そんな中、出会ったのが探求科だ。探求科で現実課題を追求する中で“何も分かっていないし、行動をしていない”、これが人類の共通の課題でもあり、自分の成績低迷の原因にも関係することが分かった。
しかし受験はもう間近。だから、意味のある勉強をするために、一緒に追求しているSSSクラスの仲間のすばらしい発想・やり方を積極的に吸収した。

そしたら、全科目が上昇。数学は友達と最速の解法を追求していくうちに驚くほどスピードが上がった。最も苦手な国語も、高速音読で必死に周りの読み方を真似て、筆者の主張が掴み取れるようになった。結果、入試にも合格できた。
このように私は、探求科のおかげでやるべき道を見つけることができた。自分に何が必要か追求して勉強すれば、必ず結果が出る。その追求ほど大切なことはない。探求科に一度足を運んでみてほしい。

互いに高め合える仲間と深く学び合った

天王寺高校(文理)合格 後川耕太郎くん(古江台中卒)
類塾で学んだことで、勉強を強制課題と捉えることなく、楽しむことができた。類塾では、量をこなすだけの宿題はなく、そのおかげで数学の問題などにも好奇心を持って取り組むことができた。新しく得たものが自分の中にあるいくつかのこととつながったとき、「さらに深く知りたい」という好奇心が生まれていった。

また、類塾で学ぶうちに、「演習問題を大量に解いて満足しても、結局時間を消費するだけ。必要なのは、どのような流れで問題を崩してゆくかという最短で確実な道筋を見つけること。」と気付けた。これは一人で頑張っても限界がある。そんなときに頼れるのが、毎日のように自習室のテーブルに座り勉強していた塾の仲間。一緒に勉強し、互いに高め合える仲間は入試直前まで深く学び合うことができ、心の支えとなる大切な存在だ。後輩のみなさんにも、そんな仲間を作ってほしい。

類塾で学んだことで、勉強を強制課題と捉えることなく、楽しむことができた。類塾では、量をこなすだけの宿題はなく、そのおかげで数学の問題などにも好奇心を持って取り組むことができた。新しく得たものが自分の中にあるいくつかのこととつながったとき、「さらに深く知りたい」という好奇心が生まれていった。

また、類塾で学ぶうちに、「演習問題を大量に解いて満足しても、結局時間を消費するだけ。必要なのは、どのような流れで問題を崩してゆくかという最短で確実な道筋を見つけること。」と気付けた。これは一人で頑張っても限界がある。そんなときに頼れるのが、毎日のように自習室のテーブルに座り勉強していた塾の仲間。一緒に勉強し、互いに高め合える仲間は入試直前まで深く学び合うことができ、心の支えとなる大切な存在だ。後輩のみなさんにも、そんな仲間を作ってほしい。

類塾の最強勉強法で苦手を突破

北野高校(文理)合格 好本梨緒さん(吹田5中卒)
私は、問題文を1回読むだけでは理解できず、テストで時間内に問題を解けないことがよくありました。特に苦手な数学がそうでした。
5分間勉強法をやり始めたとき、自分がどれほど長い時間を1つの問題にかけていたか、改めて実感しました。その時から、スピードを意識して取り組んでいくと、5分間で解ける問題がだんだんと多くなっていきました。問題文も1回で理解することができるようになりました。入試当日では、時間内に数学を解ききることができ、さらに余った時間で分からなかった問題を解くことができました。
類塾生のみなさんも、類塾の勉強法でスピードを意識し、時間を効率的に使って一日一日を過ごしてください。

私は、問題文を1回読むだけでは理解できず、テストで時間内に問題を解けないことがよくありました。特に苦手な数学がそうでした。
5分間勉強法をやり始めたとき、自分がどれほど長い時間を1つの問題にかけていたか、改めて実感しました。その時から、スピードを意識して取り組んでいくと、5分間で解ける問題がだんだんと多くなっていきました。問題文も1回で理解することができるようになりました。入試当日では、時間内に数学を解ききることができ、さらに余った時間で分からなかった問題を解くことができました。
類塾生のみなさんも、類塾の勉強法でスピードを意識し、時間を効率的に使って一日一日を過ごしてください。

探求科で、成績が大幅アップ!人間的にも成長できた

郡山高校(普通)合格 玉井 勇成くん(登美ヶ丘中卒)
僕は中1の途中までは内申オール3テスト50点でした。しかし、1年の11月ごろから探求科が始まり、僕の今までの勉強に対する向き合い方が変わりました。探求科に入ってすぐのころ、「同化」などの初めて知る言葉をたくさん聞き、本当に意味があるのか、これではテストの点数なんか上がらないと思ったこともありました。しかし、議論をしていくうちに、自分が今までやっていた、“ただ暗記するだけ、一方的に意見するだけではいけない”とわかり、思い切って「相手に同化する」ということを始めてみました。“相手の立場に立って物事を考える”、“教科書に書かれていることを鵜呑みにするだけでなく、疑問を抱き追求する”ことを始めました。すると議論の端でも今までより、良い意見を述べることができるようになったり、追求することによって教科書がおもしろくなり、学校の内申も合計26から40までとれるようになりました。僕はこの類塾に入って探求科を受けることで成績も上がり人間的にも成長することができました。高校に入っても僕は追求・同化することをやめず、これからも成長してゆきたいと思います。

僕は中1の途中までは内申オール3テスト50点でした。しかし、1年の11月ごろから探求科が始まり、僕の今までの勉強に対する向き合い方が変わりました。探求科に入ってすぐのころ、「同化」などの初めて知る言葉をたくさん聞き、本当に意味があるのか、これではテストの点数なんか上がらないと思ったこともありました。しかし、議論をしていくうちに、自分が今までやっていた、“ただ暗記するだけ、一方的に意見するだけではいけない”とわかり、思い切って「相手に同化する」ということを始めてみました。“相手の立場に立って物事を考える”、“教科書に書かれていることを鵜呑みにするだけでなく、疑問を抱き追求する”ことを始めました。すると議論の端でも今までより、良い意見を述べることができるようになったり、追求することによって教科書がおもしろくなり、学校の内申も合計26から40までとれるようになりました。僕はこの類塾に入って探求科を受けることで成績も上がり人間的にも成長することができました。高校に入っても僕は追求・同化することをやめず、これからも成長してゆきたいと思います。

合格は副産物。類塾で得たものはそれ以上
玉井勇成くんのお父さま より

小学6年生の冬に、あまりにも作文力がない息子に本気で不安を覚えた私は慌てて塾探しを始め、息子の可能性に目を向けてくれた類塾に決めました。

通信教材などで親が勉強を見ていたときは、自発的な学習意欲が全くなかった息子が類塾に通うようになってから少しずつ自分から学ぶ楽しさを見出すようになっていきました。特に、子どもたち自身で答えを出す授業運営になってからの息子の変化は大きく、「先生に英語カルタで勝った」「塾の友達と教え合った」と、受け身ではなく「攻めの姿勢」へと変わっていったのです。

とは言え、成績は順調に伸び続けたわけではありませんでした。親としては焦ったこともありましたが、本人に芽生えた「やる気」を摘むのだけは避けたいという思いと、塾を信じて最後まで走り抜いてもらえたらと腹を括りました。

結果的に息子は希望の高校に進学することができましたが、親としてはそれは副産物のように思えています。なぜなら類塾で得た物はそれ以上だからです。息子は類塾で同級生だけでなく、高校生部門に通い続けている先輩からも素晴らしい影響を受けていたのです。身近に目標となる憧れの存在がいることで、自分もそうなりたいという気持ちが芽生え、さらに頑張り続けたいと思うようになりました。

親は心配ばかりするだけで勉強に関しては無力ですが、環境を整えることはできます。特に中学生は友達や先輩とは親しくなりますが、親や教師には反発します。それは正常な反抗期の姿だと思います。だからこそ、少しでも意識の高い仲間や先輩と関わることのできる環境が非常に大切です。

息子は高校になっても類塾に通い、自主学習を続けたいと考えています。彼が後輩の目標になれたら、親としてとても嬉しく思います。

作文は順次追加し、紹介していきます。

2019年 私立高校合格実績

既存の勉強は、現実社会のほんの一部
「社会の役に立つ」という志を前提に、入試を突破!

灘高校 合格 林 龍くん(豊中9中卒 )
私は比較的余裕を持ちながら入試を楽しんで終えることができた。それは、探求科や実現塾※を通して、既存の勉強の中身を「現実社会のほんの一部に過ぎない」と捉え直し、「将来社会の役に立つ」という志を前提に、入試の突破を目指すようになったからだ。
以前は私も嫌々勉強をしていた。しかし、探求科や実現塾で現実の社会問題を扱う中で、日本が抱える数多くの問題を知り、「それらを解決しなければならない」という志が私の中に芽生えた。そして、そのためには学校の勉強も難なく乗り越えなければならないと思うようにもなった。
私が類塾にいてよかったと思うのは、現実社会に答えを出すという志の軸上で、入試を突破できたことだ。これは他塾ではあり得ないことだと思う。本当に将来に役立つ力、志を身に付けながら入試を突破したい人には、本当に類塾をおすすめしたい。
※実現塾…探求科「特別講座」。詳細は実現塾ページへ

私は比較的余裕を持ちながら入試を楽しんで終えることができた。それは、探求科や実現塾※を通して、既存の勉強の中身を「現実社会のほんの一部に過ぎない」と捉え直し、「将来社会の役に立つ」という志を前提に、入試の突破を目指すようになったからだ。
以前は私も嫌々勉強をしていた。しかし、探求科や実現塾で現実の社会問題を扱う中で、日本が抱える数多くの問題を知り、「それらを解決しなければならない」という志が私の中に芽生えた。そして、そのためには学校の勉強も難なく乗り越えなければならないと思うようにもなった。
私が類塾にいてよかったと思うのは、現実社会に答えを出すという志の軸上で、入試を突破できたことだ。これは他塾ではあり得ないことだと思う。本当に将来に役立つ力、志を身に付けながら入試を突破したい人には、本当に類塾をおすすめしたい。
※実現塾…探求科「特別講座」。詳細は実現塾ページへ
東大寺学園高校合格 河本 理来くん(淀川中卒)
私が合格できたのは、偏に高速音読のおかげだと思う。
英語では、高速音読をすることで英語脳が作られ、長文では英文一つひとつに囚われることなく文章全体で意味を掴むことができるようになった。その他にも、音読の結果、いろいろな英文が頭に定着したので語順などで迷うことがなくなり、また、表現の幅も増えたので東大寺学園の難しい英作文にも対応することができた。そして、音声を聞きながら音読していたので、英語の正しい発音やリズム、アクセントが定着し、リスニングもしっかりと聞こえるようになった。
国語では、今まではその言葉の意味しか捉えられていなかったけれど、音読をすることで黙読中も頭の中に音声が流れ、そこに書かれていない抑揚や間などが分かるようになった。そのため登場人物の心情などが伝わってくるので、一つひとつの語句に囚われることなく文章の意味が分かるようになった。
このような高速音読法を身に付けたい人には、ぜひ類塾に入ることをすすめる。

私が合格できたのは、偏に高速音読のおかげだと思う。
英語では、高速音読をすることで英語脳が作られ、長文では英文一つひとつに囚われることなく文章全体で意味を掴むことができるようになった。その他にも、音読の結果、いろいろな英文が頭に定着したので語順などで迷うことがなくなり、また、表現の幅も増えたので東大寺学園の難しい英作文にも対応することができた。そして、音声を聞きながら音読していたので、英語の正しい発音やリズム、アクセントが定着し、リスニングもしっかりと聞こえるようになった。
国語では、今まではその言葉の意味しか捉えられていなかったけれど、音読をすることで黙読中も頭の中に音声が流れ、そこに書かれていない抑揚や間などが分かるようになった。そのため登場人物の心情などが伝わってくるので、一つひとつの語句に囚われることなく文章の意味が分かるようになった。
このような高速音読法を身に付けたい人には、ぜひ類塾に入ることをすすめる。

担当講師より一言

河本くんの成長したポイントは、数え上げればキリがありません。しかし、「自分」の枠に囚われず、すべてのことに可能性を感じられるようになったのは、高速音読への取り組みが大きかったと思います。高速音読に積極的に取り組み始めてから、クラスの仲間たちとしっかりと向き合う姿勢が形成されていきました。それは相手の想いをしっかりと汲み取ることができるようになったから。高速音読によって潜在思念を作動させることができたからこそ、実現できたのだと思います。類塾で身に付けたこの力は、一生の宝物になるはずです。これからもずっと大切にしてください。

府立大学工業高専/清風高校(理III) 合格 上田陸人くん(東淀中卒)
類塾ではさまざまな勉強法、例えば5分間勉強法や高速音読、学び合いなどをしましたが、その中でも役に立ったのは、高速音読と学び合いです。
一つ目の高速音読では、表現テキストなどを何周も音読するというもので、これのおかげで過去問には出題されていなかった英語の同意文に対応することができました。また、二つ目の学び合いでは、数学や理科などでわからないところを教え合うという方法で、理科の内容をさらに深めることができ、実際に受験の場でも、教え合った範囲が記憶に強く残っていて、早く解くことができました。

類塾ではさまざまな勉強法、例えば5分間勉強法や高速音読、学び合いなどをしましたが、その中でも役に立ったのは、高速音読と学び合いです。
一つ目の高速音読では、表現テキストなどを何周も音読するというもので、これのおかげで過去問には出題されていなかった英語の同意文に対応することができました。また、二つ目の学び合いでは、数学や理科などでわからないところを教え合うという方法で、理科の内容をさらに深めることができ、実際に受験の場でも、教え合った範囲が記憶に強く残っていて、早く解くことができました。
京都女子高校 合格 萩美晴さん(高野台中卒)
「探求科」の存在がなかったら、今の私はない。そう強く思えるほど、私は探求に深く感謝している。私はここで、多くのものを得た。
その中の一つが、周りとの関わり方である。以前の私は、自己中心的で周りをあまり見ていなかった。「私が」やらなければいけないという思いが強かった。しかし、探求科を続けるうちに考えが変わった。自分より相手を考えるようになった。探求科には私より追求力が高い人がたくさんいたからだと思う。追求力が高い人たちからどうやって話を引き出すか、どこを真似すればその人たちに近づけるかを、じっくり観察しながら考えた。自分中心の世界では気付けなかった相手の尊敬ポイントがたくさん見つかった。
また、みんなで同じものを追求し、さまざまな考えに気付かされるのがおもしろくてたまらなかった。毎週毎週、次の追求の時間がとても楽しみだった。探求科では、自考力や追求力、コミュニケーション能力、活力など、私の中のさまざまな力を伸ばすことができた。
私と探求科との出会いは、私の人生を大きく変えてくれた。そして、今の私があるのは、周りの存在のおかげである。私を成長させてくれた探求科とそのメンバーに、ありがとうと伝えたい。

「探求科」の存在がなかったら、今の私はない。そう強く思えるほど、私は探求に深く感謝している。私はここで、多くのものを得た。
その中の一つが、周りとの関わり方である。以前の私は、自己中心的で周りをあまり見ていなかった。「私が」やらなければいけないという思いが強かった。しかし、探求科を続けるうちに考えが変わった。自分より相手を考えるようになった。探求科には私より追求力が高い人がたくさんいたからだと思う。追求力が高い人たちからどうやって話を引き出すか、どこを真似すればその人たちに近づけるかを、じっくり観察しながら考えた。自分中心の世界では気付けなかった相手の尊敬ポイントがたくさん見つかった。
また、みんなで同じものを追求し、さまざまな考えに気付かされるのがおもしろくてたまらなかった。毎週毎週、次の追求の時間がとても楽しみだった。探求科では、自考力や追求力、コミュニケーション能力、活力など、私の中のさまざまな力を伸ばすことができた。
私と探求科との出会いは、私の人生を大きく変えてくれた。そして、今の私があるのは、周りの存在のおかげである。私を成長させてくれた探求科とそのメンバーに、ありがとうと伝えたい。